彼女が消えた浜辺〜イランのテラスハウス〜

0
    こんにちは、tamaxです。


    今日はイラン発ミステリー『彼女が消えた浜辺』に
    ついて書きます。

    あらすじ エリいないエリいない

    海辺の別荘に3組の夫婦と子供3人、そして若い男女の
    8人が3泊旅行に出かける。
    幹事は奥さんの一人、セピデーだが彼女には実は
    魂胆があり、最近離婚したばかりの男アーマドに、
    子供の保育園の美人先生エリをこの旅行で紹介し
    あわよくばくっつけてしまえと考えていた。
    他のメンバーにもそれは伝わっていて、最初っから
    二人をひやかしてヒューヒューモード。
    アーマドはエリが美人なので結構乗り気だが、エリは
    まんざらでもないのか、迷惑なのか、どっちともつかない
    表情を見せる。
    宿泊先に到着すると、手違いで宿が押さえられていなかった。
    しょうがないので廃墟みたいになった浜辺のコテージをみんなで
    掃除してそこに三泊することに。
    そんなやっつけのテラスハウスでも男たちは歌ったり踊ったり、
    夜はみんなで連想ゲームをしたりと学生みたいなウキウキの3日間がはじまった。
    しかし楽しんだのもつかの間、次の日になると海で子供の一人が
    溺れてしまう事故発生。なんとか子供を助け出すことができたの
    ですが、子供を一人で見ていたはずのエリが忽然と姿を消していた。
    みんなで全力でエリを探すも見つからず、そもそもエリのことを
    誰もくわしく知らなかったことがわかってくる。
    一体エリは何者なのか、どこへ行ってしまったのか。。。


    物語は旅行にでかける車中、ベールをかぶったイラン女性たちが
    窓から顔を出し「ヒャッホー」とノリノリな様子からはじまります。
    嫌な予感しかしませんね。感情を表に出さないイメージの中東の
    女性がこんなに浮かれぽんちきな様は新鮮です。
    困ったことに、メンバーの見分けが全然つきません。
    ハズバンドの方は大抵おなかが出ていてヒゲ。
    ワイフたちは眉毛が濃い美人です。
    このグループがキャイキャイ合宿しているのを見ているうちに
    だんだんと誰と誰が夫婦で、どれがその子供なのかわかるように
    なってきます。
    ウソです。子供は最後までよくわかりませんでした。

    まあとにかくイラン人が楽しくお泊りしてるんですよ。
    基本みんな陽気でいい人たちです。特に幹事役のセピデーは
    世話焼きでこの旅行の企画・販促・運営すべてを取り仕切っています。
    このまま旅行が終われば、アーマドとエリもくっついて、
    私の仕切り完璧だったわ、で終わるはずでしたがなんとエリが
    いなくなってしまった。
    子供を助けるため海に入って溺れたのではというのが一番有力でしたが
    エリという人物を、当のセピデーでさえもよくわかっておらず、
    直前にエリが帰りたがっていたため、もしかしたら勝手に
    帰っちゃったんじゃないの?という説も。

    救助隊などによる捜索もはじまりますが、エリは見つかりません。
    エリの家族に連絡とろうにも、フルネームすら誰も知らない状況。
    段々と仲良しグループは苛立ちを隠せなくなり、夫婦は怒鳴りあい、
    せっかく助かった子供は「そもそもお前のせいだ」と言ってしかられ、
    特にいろいろこっそり計画していたセピデーはみんなにめっちゃ
    責められます。
    というのも実はエリには婚約者がおり、イランでは婚約者がいる
    女性が異性と旅行に行くなんてアンビリーバボーらしいんですね。
    でも世話焼きのセピデーはそこをなんとかしてこっそり連れてきて
    しまったんです。

    エリに婚約者がいた、というのがイラン人にとっては「エーウッソー!」という
    衝撃の事実なのでしょうが、嫁入り前の女性の貞操観念がとっくに崩壊している
    日本人にとっては「それってそんなにすごいの?」て感じなんですが。
    要はその事実によって優しくて美人なエリは一気にビッチってことになってしまいます。
    当初はみんなアーマドとくっつけようと「エリはいい子だいい子だ」と
    持ち上げてたのに、エリが消えてしまった罪悪感もそんなビッチだったら
    しょうがないという空気にまでなっていきます。
    あんなにエリにデレデレしていたアーマドも「おいおいそんなだらしのない
    女紹介しようとしてたのかよ」とでも言いたげ。
    自分はバツイチのくせに!
    やっぱり今でも男性に抑圧されているイランの女性の苦しさが伝わってきます。

    その後、エリは見つかるのですが・・・謎解きとしては釈然とせず、モヤモヤの
    残るラストとなっています。
    本当にエリという女性はどういう女だったのか、登場人物も観ている側も
    最後までわからないんですね。
    ただ私はエリが子供たちと真剣な表情で凧揚げをしていた顔、そして
    黒っぽいイランファッションとは不釣合いなヴィトンのマルチカラーの
    でっかいバッグが印象に残りました。
    このヴィトンのバッグがあったから、おもしろくなっているんだと思います。





     

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.04.03 Tuesday
      • -
      • 00:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM