ROOM

0

    あけましておめでとうございます。

     

    今年もできるだけ映画を観て感想をお届けしたいなと思います。

    6月にはニヒル牛にて「tamaxのマズい映画でも無いよりはマシ」展も

    開催します!

     

    さて新年一作目の映画は『ROOM』です。

    そろそろ母子分離。

     

    あらすじ

    小さな部屋で仲良く朝起きてから寝るまで過ごす母親ジョイと

    息子ジャック。天窓からの光で時間を知り、TVの中のつくりものを

    見て、料理をして過ごす日々は穏やかに見えるが、実はこの二人

    何年も外に出ていません。

    二人はオールドニックという男により、小屋の中に監禁され

    飼われていた親子だったのです。

    ジョイは高校生の頃オールドニックに誘拐され、それから7年

    閉じ込められたまま。その間にニックに強姦されてできた子、

    ジャックを出産し一人で部屋の中だけで育ててきました。

    ジャックと二人だけの生活は幸せっちゃ幸せでしたが、

    5歳になったジャックにオールドニックの

    存在を知られ、そろそろ今の生活も潮時と悟ったジョイは決死の

    カーペットコロコロ大作戦でジャックを外の世界に出し、救助される

    ことに成功。自分を探していた両親とも再会し、ジャックとともに

    実家で安心した暮らしを得るはずだったが…

     

     

    私にも3歳の息子がいますが、ワンオペ育児の日は児童館や公園に行かないと

    部屋の中で二人きりなんてとても持て余してしまうのですが、5年間も24時間

    子供と軟禁されているジョイの心境やいかに。

    しかし産まれた時からこの部屋しか知らないジャックにはこの部屋こそがすべてです。

    卵の殻で作ったヘビ、家具までもジャックにとっては貴重な友達です。

    が、ある日突然母親から実はこの壁の向こうにはすんげー広い世界が広がっているんだわ。

    今からそこ行っていっちょ助けを呼んで来い、とハードルの高いはじめてのおつかいを

    頼まれたジャックは泣いて抵抗します。

    自分にはこの世界で充分なのに!

    外の空気すら吸ったことのなかったジャックは奇跡的に助けられ、母親のジョイも

    一緒に安全な場所に確保してもらうことができました。はじめてのおつかい大成功です。

     

    しかしここからがなかなか大変。

    再会できた両親は監禁されている間に離婚し、母親には新しいパートナーがいました。

    父親は娘の生還を心から喜んでいましたが、孫になるジャックの存在をどうしても

    受け入れることができません。

    そこでジョイと父親は衝突し、父親は舞台から退場してしまいます。

    7年の間に失ったものの大きさに戸惑い、病み始めるジョイとは裏腹に

    はじめてみる本当の世界に好奇心を隠せないジャック。

    おばあちゃんであるジョイの母親と、その恋人のおじさん(いい人)のおかげで

    少しずつ心を開き慣れ始めていきます。

    自殺未遂まで起こしたジョイに、ジャックがあるものを渡すことで再び

    ジョイも本当の意味で外に向かっていくようになります。

     

     

    誘拐監禁事件という悲惨な状況を描いたものでありながら、「母子分離」という

    普遍的テーマに置き換えることができる作品です。

    今でこそ夫婦一緒に親になるんだ!父親も母親と同じくらい育児しよう!と

    世の中が動いていて、それはそれで至極当然ではあるのですが、私はやっぱり

    母親と子供の間には父親が入ることのできない問答無用の世界があると

    思っています。

    成熟嚢胞性奇形腫という病気があり、卵巣の中に髪の毛や歯、骨などができてしまう

    のですが、つまり子供は女性の体内工場で作られ体液(母乳)を飲んで育つのです。

    ほぼ自分ですよ、それ。

    ジャックはちょっと長く5歳までお母さんのお腹で育ってしまったようなものなんですね。

    その長い濃厚な関係が「部屋」に象徴されています。

    母子は多かれ少なかれ、そういう時代を経て母子分離していくのです。

    映画の中で、引っかかりを残していくのが、ジョイのお父さんです。

    ジョイのお父さんは最後まで、娘を孕ませた憎い犯人の子であるジャックを直視することが

    できませんでした。

    もっと感動に持って行きたい映画なら、そこを和解させてみたりするかもしれませんが

    あえてそうしないところがいいなと思いました。

    代わりに、ジャックを外の世界に誘い出してくれたのは、おばあちゃんの恋人のおじさんでした。

    でも彼にそれができたのは、他人だったからです。

    はじめての「本当の友達」になる近所の男の子もそう。

    ジャックを濃い〜母子の世界から連れ出してくれるのはいつも他人でした。

     

    ラストがとてもいいです。

    ジャックは再び、母子が閉じ込められていたあの部屋に戻ってみるのです。

    忌まわしい場所、忘れてしまいたい場所である「部屋」。

    でもジャックにとっては母親の胎内のような場所でもあったのです。

    「さようなら、イス1。さようなら、天窓」

    かつて友達だったそれらにお別れを言い、産まれ直しを行います。

     

    もうすぐ4歳になる息子が最近「ママのこういうところが嫌だから直してほしい」と

    はっきり言うようになり、あ、もう無条件でママが好き!という時代は終わろうと

    しているんだ、そろそろ分離も近いなと感じているときに

    非常にシンパシックな映画でした。

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.03.07 Thursday
      • -
      • 22:20
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << March 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM