おおかみこどもの雨と雪

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』に

    ついて書きます。

     

    あらすじ

     

    身寄りのない花は一橋大学にアルバイトをしながら

    通う苦学生。同じ講義に現れる謎の男が気になり

    声をかけると彼は部外者で素性もわからない男だった。

    花が教科書を貸したりするうちに急接近した二人は付き合うように。

    男は実はオオカミとのハーフで、人間の身体と

    オオカミの身体二つを持っていることを花に打ち明ける。

    それでも花の愛は変わらず、二人の子供「雪」と「雨」を

    儲け、アパートで貧しいながらも幸せに暮らしていた。

    ところがある日、オオカミ男が不慮の事故でオオカミの姿のまま

    死亡。幼い二人の子供(オオカミのクォーター)を抱えたまま

    花のボッチ育児がはじまった。

     

    細田守監督のことは私は全く理解できず、これまでの作品にも

    クエスチョンマークしか浮かびません。とくにこのおおかみこどもは

    一般的にも評価のあまりよくない作品ですが、なるべくいいところを

    見つけてみたいと思います。

    まず主人公の花ですが、一橋大学にアルバイトしながら通うって

    相当な頑張り屋さんですし頭もいいです。

    ですが、オオカミ男と知り合ってすぐに子供が出来たら大学を

    辞めて主婦になります。

    こういうタイプの女性は現実にいっぱいいますね。私が親だったら

    せっかくいい大学に入ったのに出来婚中退なんて恐ろしいですが

    幸い(?)花には両親や親戚などがいません。それどころか友達も

    いません。

    あとこの映画についてよく突っ込まれるのは、二人が結ばれるとき

    なぜ「あえてオオカミのまま」なのかというところです。

    これは作り手が花の清純なイメージを守るためですね。

    オオカミのままだったから避妊が出来なかった、という言い訳に

    するためです。

     

    徹頭徹尾、花のイメージを守ろうと必死な映画です。

    オオカミ男が死んだあと、花は二人の幼い子供を一人で育てていくんですが

    ただでさえ大変な状況に加え、この二人の子供はちょくちょくオオカミに

    変身し野性化してしまうオオカミこども。

    なので保育園に預けたり、行政に頼ることができず、ママ友も

    できず安アパートで孤独に子育てをします。

    オオカミ男は生前、運送会社などで働いていましたが、残された家族三人が

    いつまでも暮らせるほどの貯金があったんでしょうか。

    花は絶対に働きません。オオカミ化した子供たちがアパートを敷金内じゃ

    収まらないくらい破壊してもオロオロしながら見守るだけ。

    絶対に声を荒げたり、ヒスを起こしたりもしない、ニコニコしているだけなのです。

    当然アパートには居づらくなり、なんと花は山奥の村に引っ越し自給自足の

    生活をはじめます。

    最初はよそ者だからと相手にされませんでしたが、花の無自覚なジジ殺しの

    力が発動し、村の重鎮じいさんが助けてくれるようになり生活は軌道に乗ります。

    二人の子供たちもオオカミパワーをだいぶコントロールできるようになり

    幼稚園や小学校に通うようになります。

    ここでようやく働くかと思いきや、やっぱり働かない花。

    その後、あるきっかけでちょっとしたアルバイトをはじめますが全く家計の足しには

    ならない趣味みたいな仕事です。

     

    村の人たちから野菜やお米をもらいながら生活するんですが、親切の範疇を超えた

    「ほどこし」です。働けるのに働かず、ほどこしを受けながらでも、お母さんには

    ニコニコ笑って家にいてもらいたいのでしょうか、監督は。

    母親が社会に出ると何かが汚れるとでも思っているんでしょうか。

    花は学生の頃はあんなに朝から晩まで働いていたのに、結婚した途端に社会と断絶します。

    これは意図的としか思えない。

    これがある作り上げられた理想の女性を軸にしたホラーだと考えれば、非常に怖いです。

    花は最初っからおかしなことを言っていました。「私、いつでも笑っていたいから

    両親のお葬式でも笑っていたの」だそうです。

    実際どんなにつらい場面でもその後の花は感情を爆発させるということをしません。

    女性から感情や欲望を奪い、それを良しとする気持ち悪さ。

     

    子供たちもけして真っ当に育ったわけではなくて、最終的に長女の雪は早々に花の

    元を離れますし、心優しい男の子雨はオオカミに戻る道を選びます。

    完全に母親は捨てられているわけです。それでもニコニコ笑ってる。怖すぎです。

    美しい話みたいにまとまっていますが、本当にわけがわからなかったです。

    「オオカミ」というのを障害や人種、金銭問題などに置き換えるととてもリアルな

    現代ホラーになります。夢も能力もあった女性が、男によって社会から切り離され

    誰にも相談できない何かが子供たちにあったら、こういう破滅的な道を進んでしまう

    可能性も高いでしょう。

    花みたいな無邪気系毒親に育てられる子供たちは、雪みたいに離脱できたらまだ

    いいでしょうが、雨みたいにオオカミの道を選ぶ(広義的死)ことになって

    しまうかもしれません。

     

    結局やっぱり褒めてませんが、いいなと思ったところは人間の道を進んだのが

    小さい頃はオオカミであることを肯定的に捉えていた姉で、オオカミに戻ったのが

    「オオカミはいやだ」と言っていた繊細な弟の方だったということです。

    性格的に闘っていける姉の方が人間としてうまくやることができ、心が優しすぎる

    弟はそれができなかったということでしょうか。

     

    細田監督ごめんなさい。やっぱりわかりませんでした。

    あと私生活では奥さんを神格化しないでちゃんと育児してくださいね。

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.06.11 Monday
      • -
      • 06:45
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << June 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM