セールスマン

0

    こんにちは、tamaxです。

    是枝監督おめでとうございます。

    今日はこちらもカンヌ受賞作『セールスマン』に

    ついて書きます。

     

    あらすじ

    妻、何があったんや。

     

    高校の国語教師エマッドと、妻のラナは若い夫婦。

    二人は共通の趣味で演劇もやっており、アーサー・ミラーの

    『セールスマンの死』の舞台が始まるころ、住んでいた

    アパートが老朽化で突然取り壊され住む場所を失う。

    演劇仲間のおじさんに、「いい空き家あるよ」と紹介され

    行ってみると前に住んでいた女性と子供の荷物が置きっぱなし

    だったりしてちょっと気持ち悪いけど仕方ないので住むことに。

    するとある夜、一人で夫の帰りを待ちながらシャワーを浴びようと

    していたラナは、てっきり夫が帰ってきたと思いドアのカギを開けてしまった。

    実は夫ではない何者かが家に侵入し、ラナは頭に大怪我を負ってしまう。

    命は無事だったもののショックを受け憔悴するラナにどう接していいのか

    わからなくなったエマッドは、次第に犯人を突き止めることにのめり込んでいく。

     

    嫌なことしか起こらないアスガー・ファルハディ監督作品です。

    今回も嫌なことしか起こりません。

    夫婦はまだ子供がいませんがこれからって感じで、夫のエマッドは教え子たちからの

    信頼も厚い好青年。奥さんは美人です。二人が引っ越した空き家というのが

    前の住人の荷物が残ってるどころかもう完全に他人の家なんです。

    そんな生々しいところに住まなきゃいけないことがすでに嫌。

    さらにわりかしすぐに奥さんが入浴中に何者かに襲われてしまいます。

    夫は警察に届けようとしますが、性的被害に遭ったことを他人に絶対に知られたくない

    奥さんはかたくなに拒否。ですが心的ショックで日常生活もままならず、それが

    エマッドはだんだん負担になっていきます。

    ラナとうまくいかなくなったストレスで、人気者の先生だったのに生徒に当たるように

    なったり、劇団仲間にも暴言を吐くようになるエマッド。

    特に、自分を慕ってくれていたある生徒がちょっとしたイタズラをしたことで

    激高し、決定的にその生徒を傷つけることを言ってしまったりとか。

    だんだんとエマッドの身勝手さが顔を現しはじめます。

     

    ラナは事件のとき何があったのかはっきりとは語りません。

    お国柄ということもありますが、ラナが望むのは可哀そうな自分を慰めて

    癒してもらいたいだけなんですね。

    ところが夫の方は真相の解明、制裁の方に意識が行ってしまう。

    象徴的でハッとするシーンで、劇団の一人の女優が連れてきている5歳くらいの

    男の子を、少し元気になってきたラナが自宅に招いて3人で食事をします。

    子供の力もあって和気あいあいとした食事がはじまろうとしたとき、

    会話の流れでこの食材を買ったお金は、犯人が置いていったものだと

    エマッドが気づくのです。

    そこで男のプライドが発動したエマッドは「こんな食事は食うな!ピザとろう!」と

    なってしまいます。

    せっかく子供が来てくれてラナも嬉しそうで少し雰囲気がよくなりそうだったのにこれ。

     

    奥さんの夫への評価が下がっていくのと反比例して、エマッドはなかなかの探偵ぶりで

    犯人らしき人物を突き止めます。そして本人を呼び出し、家族にバラすという復讐を

    叶えようとします。この犯人がまた、「えぇ…おまえ??」という意外な人物で

    それが明らかになるくだりも面白かったです。

    この犯人が実は同情を禁じ得ない人物で、観てる方ももういいじゃんって気持ちになって

    くるのですがエマッドの気持ちは収まりません。

    最終的には本人(妻)がもういいって言い始めます。

    結局エマッドは家族にはバラさないことにするのですが、どうしても制裁を一発喰らわせて

    しまいます。そしてそのことがこの夫婦に、犯人とその家族にも一生消えない傷を残す

    ことになるのです。

     

    この映画を観て、まだ記憶に新しい山口元メンバーの一件を思い出して

    しまいましたね。

    被害者側のご家族が事件をなかったことにできなかったのは、自分の娘は

    傷ついているのに当人は以前と変わらずテレビに出ていたりするのが許せなかった

    からではないでしょうか。

    エマッドも、家族にはバラさないと決めたはいいものの、犯人が家族に愛されて

    また幸せな家庭生活に戻っていくことを見せつけられて納得がいかなかったのです。

    こちらとしてはほんとにそれが、文字通り一発が、余計だったよなぁと

    思わざるをえないのですが。でもやっぱりその一発が、彼の(男の)尊厳そのものだったのです。

    また妻の方なんですけど、私も若い頃鍵の閉め忘れによる居空きに2回入られたことが

    ありますが、そのときは犯人が憎いとかじゃなくて自分の間抜けを悔いましたね。

    ラナもただでさえ女性の貞操に厳しい国ですから、自己嫌悪の方が強かったんじゃないかと

    思います。

    山口元メンバーの件でも、被害者の女子高生にも非があるという意見がたくさんありましたけど

    だったら男性の皆さんは24時間365日、襲われることを想定して生きていますかね。

    女性だってやっぱり気が抜けちゃうときとか信頼している人にはちょっとゆるくなって

    しまうときがありますよ。

    この映画を観るとこうした事件があったとき、仮に犯人に報復できたとしても被害者は

    やっぱり二度傷つく。これからも傷つき続けるということです。

    イランと日本は女性の立場という意味では似ている国なので、日本でもイランでも

    先人たちは一番賢い方法として「泣き寝入り」を選んできたんじゃないかと思いました。

    戸締りはしっかりしましょう。

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.12.09 Sunday
      • -
      • 16:43
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM