パディントン

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日はCGでイギリスの名作を再現した『パディントン』に

    ついて書きます。

    松坂桃李の声のくま。

     

    あらすじ

    ペルーを訪れた英国の探検家は、恐ろしく知能の高い二頭のつがいのクマに

    出会う。言葉を教えたり異文化交流をし、「ロンドンにくることがあったら

    歓迎する」と言い残し、自分の帽子を渡して去った。

    月日が流れ、二頭のクマはその後も高い知能レベルを保ったまま、甥っ子の

    若いクマにも言葉を教え、マーマレードを作ったりして暮らしていた。

    ところがある日、地震が襲いオスクマは死亡。残されたメスクマも年老いているため

    若い甥っ子に探検家の帽子を引き継ぎ、ロンドンへ向かうように諭す。

    そこにはあの探検家がいて、きっとよくしてくれるだろうと。

    トランクいっぱいのマーマレードと帽子だけをもってロンドンのとある駅に到着した若クマ。

    叔父叔母クマに教わったクイーンズイングリッシュで丁寧に行きかう人に挨拶を

    するが、誰も言葉を話すクマになど興味を持たない。

    すっかり日も暮れたころ、通りかかったのはブラウン一家。

    警戒心の強い父親と、ゆるふわな母親、生意気な娘、落ち着きのない息子という

    どこにでもいる普通の家族。

    ゆるふわな母親は一目見て若クマを気に入り、少しの間家に置いてあげるよう頼む。

    若クマは駅名にちなんでパディントンと名づけられた。

    しぶしぶパディントンを家に連れて帰ったブラウン父は、リスク管理を仕事にしているので

    すぐに家の保険をグレードアップするよう手配。しかしその手続きも終わらないうちに

    言葉遣いだけは丁寧なクマは、いろいろな騒動を巻き起こすのだった。

     

     

    パディントンはイラストや絵本で見たことがあるようなないようなくらいでしたが

    イメージとしてはぬいぐるみみたいな感じかと思ってましたけど、映画では

    普通に動物園のクマでした。途中から子供が昔着ていたダッフルコートをもらい

    ようやくキャラ完成です。

    パディントンは言葉遣いこそ丁寧ですが(声は松坂桃李だし)家の中のものに

    興味を持って次々壊したりとかするので、ただでさえ面倒を嫌うお父さんは

    迷惑でしょうがありません。

    子供たちは割と早い段階でパディントンに心を許します。

    まあでも女子供はクマと親和性高いですからね。ちょろいっちゃちょろいです。

    一番常識的なのがお父さんなのですが、実は若い頃はやんちゃでウェイウェイ

    いわせていたようなのです。

    子供が産まれたことをきっかけに、人生安全運転になってしまったお父さん。

    そのお父さんがパディントンと絆を深めるきっかけになったのは、探検家の

    所在を探して地理学会に行くのですが、なぜかけんもほろろに突き返されて

    しまいます。

    しかしあきらめないパディントンはお父さんに掃除のおばさんの変装をさせ

    内部に侵入。隠されていたデータを手に入れることに成功します。

    大柄なお父さんのオドオド女装がかなりおもしろかったです。

     

    探検家はほんとにいた!これで、ちゃんとした寄生先が見つかりそうだねと

    喜んだのもつかの間。パディントンには魔の手が近づいていました。

    自然史博物館の女館長(ニコール・キッドマン)が普段は動物愛護の

    美人館長として通っていますが、実は屈折した剥製マニアで、珍しい

    動物を捕まえては夜な夜な自分で剥製にしてる科捜研の女みたいな人だったのです。

    この女館長がパディントンにロックオン。まずはブラウン家の隣に住む独居老人

    カリーに近づき、ブラウン家に侵入。

    すんでのところでパディントンは捕まえられずに済みますが、ボヤ騒ぎを出して

    しまいます。

    突然転がり込んできたクマよりも、家族の安全を選んだお父さんは(当然ですが)

    パディントンを追い出してしまいます。

    一人ぼっちになってしまったパディントンは、探検家の名前を手掛かりに

    ロンドン中を探し回るのですが…

     

    とまあこんな感じで、最後は敵をやっつけてブラウン家とパディントンはクマと

    人間という垣根を越えて家族になりましたというハッピーエンド。

    なんか異色のキャラクターが出てくるファミリー映画の定番中の定番といったところで

    まったく捻りはありませんしとくにこれといって語るべきこともないので

    これがアメリカ映画だったら観る気も起きなかったところです。

    しかし全体的に施された「イギリス加工」がとても心地よく、ほどよく肩の力が

    抜けていて、笑えるところがよかったです。

    私は恐怖と笑いのセンスは世界各国違っていると思うのですが、英国の笑いのセンスは

    日本人にとても合う感じがします。

    特によかったのは隣人の独居老人カリーです。彼は母親亡き後、一人でブラウン家の

    隣に住んでいて、最初はパディントンのことを快く思っておらず、女館長に

    一目ぼれしたこともあって協力するのですが、最後はブラウン家の力になってくれます。

    彼は変わり者でケチなのかもしれませんが、女館長に惚れても普段の自分のままがんばるんです。

    たとえば賞味期限の切れた食材で作ったディナーに誘ったり、街灯にささっている

    枯れかけの花束をプレゼントしたり。

    ジョークとして描かれていますが、こういうところがロンドンっこぽいのかなぁとも

    思いました。

    サウンドトラックもよくて、D LIMEという黒人グループによる無国籍な感じの音楽です。

    移民問題が背景に透かされていますが、日本はなんだかんだ言ってクラスに

    外国人が一人か二人いるかいないかみたいなもんで、移民の多い国の感じってのは

    まだまだわからないよなぁと思いました。

     

     

    今度公開される2にはヒュー・グラントが登場するそうで、「ロンドン的」ホームドラマの

    定番になってくれたらいいなと思います。

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2018.02.09 Friday
      • -
      • 04:19
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728   
      << February 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM