インサイドヘッド

0

    こんにちは、tamaxです。

     

     

    今日はピクサーの『インサイドヘッド』について書きます。

    はっきり言って最高でした。

     

     

    あらすじ

    11歳の少女ライリーの頭の中が舞台。

    明るく元気いっぱいのヨロコビ、愚鈍でネガティブなカナシミ、

    いつも怖がっているビビリ、気分の悪そうなムカムカ、

    すぐぶち切れるイカリの5名の「感情」たちがコントロールパネルで

    ライリーの感情を操り、日々積み重なる記憶のボールを

    作っていた。

    数分ごとに形成される思い出のボールは脳の奥深くへ送られ

    要るものと要らないものに仕分けされる。

    しかし中には「特別な思い出」に昇格する数少ないボールがあり

    その特別な思い出が「性格の島」を作り出し、その人の

    人格を形成しているのだ。

    ヨロコビが主導権を握るライリーの頭の中は楽しい思い出が

    いっぱい。友達や家族と幸せで順風満帆な日々を送っていた。

    ミネソタからサンフランシスコに引っ越すことになるまでは・・・

     

     

    頭の中にいる感情たちはライリーだけではなく、みんなの中にあるのですが

    まだ幼いライリーの感情はお互いを理解しているわけではありません。

    基本的にはリーダーであるヨロコビがウェイウェイ仕切っているのですが

    ここぞというときにそれぞれ感情がしゃしゃってきてライリーの心を

    動かしています。

    ミネソタの自然豊かでのんびりした田舎から、足立区とか板橋みたいな

    サンフランシスコに引っ越してきてしまったライリーは戸惑いを

    隠せないのですが、ヨロコビは「ここが私のがんばりどころ!」とばかりに

    さらにテンションを上げてライリーを笑顔でいさせようとします。

    特に注意したいのはチームの一番の「重荷」であるカナシミ。

    メガネをかけてぽっちゃりした鈍くさい風貌のカナシミが出てくると

    何もかも悲観的でネガティブになってしまいます。

    ヨロコビはなんとかカナシミを封じ込めておこうとするのですが、

    その意に反して「あら・・・やだ・・・わたしどうしちゃったのかしら」

    などとオドオドしながらコントロールパネルに手を出し、さらには

    特別な思い出まで触ろうとするカナシミ。

    揉めているうちに特別な思い出とともにヨロコビとカナシミが吹き飛ばされて

    しまいました。

    それによりライリーの性格である「おふざけの島」「友情の島」「家族の島」

    などが次々と動きを止め崩れていくのです。

    ライリー人格崩壊の危機。

    現実世界のライリーは感情を失い、両親にだまって家出をすることまで

    考えます。

     

     

    これまでの膨大な量の記憶が保管されている脳内をさまよいながら再び

    みんなのいる司令部に戻ろうとするヨロコビとカナシミ。

    その脳内の描き方がおもしろいです。記憶の玉は一時保管されるのですが

    次第に色あせてきて色が黒ずんでしまいます。それを掃除機みたいので

    吸って谷底の「記憶のゴミ捨て場」に仕分け作業をしている細胞みたいのが

    います。

    記憶のゴミ捨て場に一度落ちてしまうとけして元には戻れず、風化してしまいます。

    そのほかにも、夢の撮影スタジオでは毎晩観る夢が撮影され、想像力のテーマパーク

    イマジネーションランドではライリーの空想の世界が広がっています。

    道に迷ってしまったヨロコビとカナシミは、ある人物と出会い一緒に司令部を

    目指すことになります。

    象のような綿菓子のようなイルカのような不思議なソイツはビンボン。

    ライリーの子供の頃の大親友、イマジナリーフレンドでした。

     

    幼児の頃から自室で一人で寝させられる欧米の子供は、みんななんかしらの

    イマジナリーフレンドを作るそうですね。

    しかしライリーももう11才ですから、ビンボンを思い出す機会はめっきり

    減っていました。

    大きな子供のようなビンボンに連れられてあぶなっかしくも一緒に

    司令部を目指すのですが、途中ビンボンとヨロコビが記憶の谷底に

    落ちてしまうのです。

    こっからがアニメ史に残る名シーン!ヨロコビとビンボンはなんとか

    這い上がろうとするのですがそれは不可能に近いこと。

    しかしビンボンが自ら犠牲になることでその不可能を可能にするのです。

    私は最初に観たとき、目玉が取れるかと思うくらい泣きましたね。

    ほんとにとんでもないシーンだと思いますよ。

    ビンボンは再びライリーに思い出してもらい、一緒に遊ぶことを夢見て

    いました。ところがライリーの空想の国からは子供っぽい夢はどんどん

    取り壊され、「理想のボーイフレンド製造機」なんかが新設されている

    んですね。

    人はいつまでも子供っぽい空想ばかりしてられませんから、ビンボンが

    淘汰されるのは仕方のないことです。

    ただ泣けるのはそこだけじゃないんです。

    人生で越えてはいけない一線を越える(ライリーの場合は家出)のを

    本人すら忘れてしまっている幼稚さや無邪気さが、必死で食い止めようと

    しているってことです。

    一線を越える、最近よく耳にしますが誰かを傷つけたり、自分で命を

    絶ってしまったり、それを思いとどまるようにがんばってくれるのは

    その人の記憶のゴミ捨て場の子供っぽさなんじゃないか。

    それをビンボンが象徴してるんですね。

     

     

    ビンボンのおかげで再びカナシミを連れて司令部に戻ることが

    できたヨロコビ。このとき実はヨロコビは、今までお荷物扱い

    していたカナシミが、実はライリーに必要だったことに

    気づいています。

    ライリーの幸せな記憶の裏には悲しみがあり、悲しみがあるから

    ひとの痛みがわかり、より幸せになろうとするんだということ。

    引っ越したときに必要だったのは、無理して元気に振る舞うのではなく

    きちんと悲しむことだったのです。

    それに気づいたおかげでライリーは今まで抑えていた感情を

    溢れさせ、家族との絆が深まり新たな一歩を進めることができるように

    なったのでした。

     

    ちょっと大げさな言い方にはなりますが、この『インサイドヘッド』という

    作品は一度観たら生き方考え方が変わるくらいのすごい作品だと思います。

    自分ひとりの自分じゃないんだなっていうか。

    切り傷は治ろうとするし、心の傷も少しずつ癒えていきますよね。

    私の中ですべての細胞や神経が「私を幸せにしようとしてくれている」って

    ことですよね。

    わたし、ありがとう。わたし、がんばる。って思えますよ。

    最高なんで、ほんと観てください。

    そして目玉を洗いましょう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.09 Thursday
      • -
      • 06:32
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM