机のなかみ

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は『さんかく』や『ヒメアノ〜ル』で全私を感動させた

    吉田恵輔監督の初期作品『机のなかみ』について書きます。

     

    青春の残酷

     

     

    成績のいまいち振るわない父子家庭の女子高生の家庭教師を

    することになった馬場(あべこうじ)。

    一目で女子高生の虜になった馬場は、勉強などそっちのけで

    あの手この手で気を引こうとする。

    どこかぽわんとした女子高生はそれを知ってか知らずか

    すごいスルースキルでかわしていく。

    めきめきと成績をあげ、馬場にも心を開いたかに見える女子高生に

    同棲している彼女に飽き飽きしていた馬場は有頂天に。

    しかし女子高生にはある思惑があり・・・

     

    いつものことながら、前半と後半で見方がガラリと変わる構成になっています。

    言葉の通り、前半では家庭教師の馬場目線、後半は女子高生目線になるのです。

    馬場パートはあべこうじのネタを見ているようでなかなか不快です。

    家庭教師なんてしているけど軽薄な男で、女子高生がギターが弾ける人が

    好きだといえばさっそくほかの教え子から無理やりレンタルして練習を

    はじめるような単純極まりない性格。

    馬場が同棲している彼女というのが、ゆらゆら帝国か水木しげるの漫画に

    出てきそうな風貌の、むちゃくちゃ粗暴な女です。

    「どっか連れてけよ〜オラ〜」とかトイレのドアを開けはなして

    「紙取ってっつってんだろ〜」とかいうような鬼彼女。

    これは女子高生に心が動いても仕方ないかも…という気にはなります。

     

    女子高生はストイックに勉強して望みの高い志望校に手が届きそうな

    ところまでやってくるのですが、なんと残念なことに落ちてしまいます。

    失意のどん底でよくわかんないことになっている女子高生のもとに

    訪れた馬場がどさくさにまぎれてパンツを脱がしたところに、帰ってきた

    お父さんが入ってくるという地獄絵図で前半パートは終了です。

     

    後半は女子高生の目線で馬場が家庭教師としてやってくるところから

    ふたたび始まります。

    当然のことながら女子高生は馬場になど興味はなく、親友の彼氏に

    横恋慕していて、二人と同じ大学に行きたくてがんばっていたのです。

    それもその好きな人というのは奇しくも馬場のもう一人の教え子の

    イケメンでした。

    その彼女である一応親友の女子っていうのが、ギャルでもなく

    取り立てて可愛いわけでもなく、気の強さだけで幅をきかせている

    学校の中でのみいい目を見られるやつで、こいつがほんとに

    性格悪くて腹立ちましたね。

    親友面をしつつ、友達が自分の彼氏のことが好きなのをわかって

    マウンティングしてくるんですね〜。

    「いや〜もうアイツとは別れるわ。最近うまくいってないんだよね。

    あ、あんたにあげようか?」

    と言ったかと思えば

    「そんなこと言ったっけ」などと一喜一憂させるのです。

    男も男で、女子高生にも気を持たせてくるし最後まで自分は

    悪者にならずにはっきりしない最低男です。

     

    最終的にはあのゲスな馬場よりこの男の方がよっぽどダメな

    奴ってことがわかります。

    というのも、馬場は女子高生にフラれたとはいえ凶暴なブス彼女と

    寄りを戻すのです。

    馬場が彼女と寄りを戻すことが、単に浮気に失敗したから

    仕方なくもとにもどったってだけではないところがいいのです。

    ブス彼女は可愛げは皆無ですが、おいしいカレーを作ってくれたり

    家のことをやってくれたり、意外と尽くす女です。

    実はほんとに大事なのは、ブス彼女は馬場の可能性を絶対否定しないんですね。

    たぶん心底好きなんだと思います。

    馬場がへったくそなギターを練習しているときも、ゆらゆら帝国みたいな顔で

    「すげーじゃん、なんかできそーじゃん。もっとやれよ」って言ってくれたり

    バッティングセンターでバットを振っていると

    「おまえかっけーじゃん」とかほめてくれる。

    世間一般的には小物中の小物である馬場のことを、一番評価してくれているのが

    実はゴリラみたいなこの彼女だけなんです。

    馬場がそのことに気づいたであろうところがこの映画のハイライトですね。

     

    一方、物語的には「主役」である高校生3人はどいつもダメです。

    親友は性格悪いし、男はズルいし、女子高生はバカです。

     

    自主制作のような荒い感じもありますが、とにかくおもしろく最後まで

    観てしまいました。

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.09 Thursday
      • -
      • 06:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM