イミテーション・ゲーム

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は数学者チューリング博士の実話に基づく映画

    『イミテーション・ゲーム』について書きます。

     

    天才はつらいよ。

     

    あらすじ

    第二次世界大戦中、ドイツは超難関の暗号、エニグマを

    使って敵国の物資を運ぶ船を撃沈するという外道ぶり。

    国民が飢えて困ってしまった英国は、最高の頭脳を持つ

    男たちをあつめて暗号解読をさせることにした。

    その中に加わったのが天才数学者アラン・チューリング。

    彼はのちにコンピューターの基礎を発見するくらいの

    ヤバいレベルの数学者なのだが、かなり性格に難ありで

    人の気持ちと空気は全然わかりません。

    一応チームワークで進めていかなきゃいけないプロジェクトに

    全く新しいかつ理解不能なアプローチを単独でしようと

    するものだからみんなから総スカン。

    莫大な費用をかけてよくわからんマシンを作り、さらに

    「クリストファー」などと名前を付けてガチャコンガチャコン

    動かしているだけの日々。

    チューリングのよき理解者となる頭のいい女性、キーラ・ナイトレイと

    婚約するんですが、実はチューリングにはある秘密があり…。

     

     

    私はセンター試験の数学A気30点台を取るほどの頭脳を持った

    人間ですけどね、数学者をテーマにしたものは結構すきなんです。

    NHKのポアンカレ予想やリーマン予想の特番も録画して何度も

    観ました。

    チューリング博士も暗号解読に成功したことは知っていましたが

    こんなものすごい苦労があったとははじめて知りました。

    エニグマの解読自体、鬼のように難しい、というか仕組みはシンプル

    なのですが、毎日暗号の「ルール」が0時にリセットされてしまうのです。

    だからすんごい速さで計算できればなんとか解けるかもしれないのです。

    それがチューリングマシーン=クリストファーの開発につながります。

     

    解読が大変なのに、チューリングにはもう一つ困ったことがありました。

    彼は数式はよくわかるのに、「人の気持ちが理解できない」んですね。

    たとえばチームメイトが「そろそろランチにいくよ」と言えば

    普通は自分も誘われてるのかなって思うんですが、チューリングは

    「あ、そうなんだ」で終わってしまうんですね。

    だからみんな「そういうとこだよ!」ってなってしまって余計形勢が

    悪くなってしまうんですね。

    まあだんだんみんなチューリングの頭脳と人柄に理解を示して

    味方してくれるようになるのですが。

    メンバーの中にはチャラいチェスチャンピオンとして顔が甘すぎて

    悪い役をやりがちなマシュー・グッドがいたもんで、絶対あとで

    いやがらせされる!と思いましたけど、意外と彼はいい人でした。

     

    さらに彼の一番の理解者となり相棒となる女性、ジョーン(キーラ・ナイトレイ)が

    現れてからはうまく橋渡しをしてくれて、チームが円滑に回るように

    なっていきます。

    毎日0時を回ると今日の作業はすべてパァになるもんで、みんなでそのあと

    パブ行ってやけ酒したりするんですが(昔からイギリス人てパブ行くんですね)

    そんな付き合いにも顔出したりするようになります。

    これが実は功を奏しまして、パブでマシュー・グッドがナンパしようとした

    丸の内OLみたいな女がいまして、その人の何気ない「OLっぽい恋バナ」を

    聞いたことで暗号解読の最後のKEYをチューリングはひらめくのです。

    これってすごく大事なことで、数学の難題のひとつであるポアンカレ予想に

    挑んでいるペレルマン博士はほとんど人と交わらずに研究室に

    こもって研究していたんですが、ある日珍しく大学のティールームに

    顔を出してたまたま分野外の物理の専攻の人と会話したことで、

    解読にぐっと近づいたんだそうです。

     

    どんなにそればっかり一人で考えていても、

    まったく世界の違う些細なことがふっと入ってきたときに

    解決の糸口が見つかるということがよくあります。

    ただそれはそこまでたどり着くまでに考えて考えて考え抜いたからこそ

    なのですが。

     

    そんなこんなんでついにエニグマの解読に成功し、喜んだのもつかの間。

    今度は別のジレンマがやってきます。

    敵の攻撃を見通して回避すれば、暗号が解けたことがバレて今までの

    努力が水の泡になってしまいます。そこでチームは時々は間違えて

    時々は当てる、つまり生かす人と殺す人を選択するという恐ろしい

    役割を担ってしまうわけです。

    これが、イギリスがつい最近まで隠していたという「不都合な真実」です。

    このことを隠すために、チューリングは戦争終了に大いに貢献したにも

    関わらずろくすっぽ評価されずさみしいその後を送ることになります。

    チューリング自身の抱える「ある問題」のせいで、せっかくよき

    パートナーだったジョーンとも別れてしまいます。

     

    のちに、自分が作ったマシーン「クリストファー」だけを頼りに

    一人暮らしているチューリングのもとをジョーンが訪ねた時

    もうだいぶ精神やられている状態のチューリングが

    「一人にしないで!僕を一人にしないで!」と取り乱すシーンがあります。

    これはぐっときましたね。よくこの手の浮世離れした人や、精神に障害の

    ある人は「一人でも平気なんだろう。さみしさを感じないだろう」と思っていませんか?

    でもそういう人こそ、見せかけの「さみしくなさ」にだまされない分、

    本質的な孤独を最も恐れているのかもしれないなと思いましたね。

     

    普通はいい映画を観たあとは他の人感想や評価を知りたくなるもんですが

    この映画の場合はチューリング博士本人について調べたくなりましたね。

    とにかくドキドキハラハラして目が離せないし、ドラマもあって

    数学のセンター試験が30点台の人間でも感動できる映画でしたよ。

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.09 Thursday
      • -
      • 23:43
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      私もNHKのポアンカレ予想の番組、どうしてももう一度見たくてDVD買ってしまいました。もう売り飛ばしましたけど。
      この映画も楽しんで観ましたが、ちょっと情緒的すぎたかなという気もしました。もっとこう、数学の深淵にふるえあがるみたいなのを期待しちゃってたので。私もこの映画みたあと、思わずチューリング博士のことを調べました。
      ひらたさまこんにちは。
      NHKのあの番組、最高でしたよね。録画DVD間違って消してしまいましたけど、売ってるんですね。
      確かに数学の闇はNHKの番組の方がよく出ていましたね。
      宇宙にヒモをかけるとかほんとに数学者の頭の中はどうなってるんやらって感じです。
      あとベネディクトカンバーバッジが天才役としては板についていますが、実際のチューリング博士の顔は本当に無垢な子供のようでぐっときますよね。
      NHKにエニグマ特集番組作ってもらいたいです。
      • tamax
      • 2017/06/17 11:30 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM