残穢〜住んではいけない部屋〜

0

    今日は小野不由美原作の映画『残穢〜住んではいけない部屋〜』
    について書きます。


    あらすじ
    一般人の怪奇体験を短編にして雑誌に寄稿している作家の「私」の
    ところに、久保さんという女子大生から一通の手紙が届く。
    一人暮らしをはじめたアパートの部屋で、畳をほうきで
    はくような音がするというのである。
    とりたてて怖い話でもなかったのだが、「私」は以前読んだ
    手紙の中で似たような話があった気がして調べてみると
    久保さんと同じアパートで全く同じ体験をした別の住人が
    いたことがわかった。
    しかし、不思議なことに同じ現象の起こった二人の住んでいる
    部屋は全く別だったのである。
    このことに興味を持った「私」と久保さん、あと知り合い何名かで
    アパートの過去を探っていくと、様々な共通する怪奇現象が
    時代を超えてその周辺で起こってきたことが明らかになった。
    やだなにそれこわい。



    『着信アリ』や『クロユリ団地』みたいな量産型のジャパニーズ
    ホラーかと思っていました。
    実際これでもかと怖がらせようとするシーンはほとんどなく、
    驚かされるのが嫌いな人でも落ち着いた状態で観進めることが
    できると思います。
    下手な来るぞ来るぞがないだけに、しっかり話を聞いていられます。
    ホラーというよりはミステリーに近い感じで、おまえが幽霊の正体か!

    と思ったら実はその人も別の霊に悩まされて自殺したんだとか

    霊障が霊障を呼んでいく壮大なストーリーです。

    女子大生が最初に体験する怪奇現象、畳を箒で掃くような音がするの

    正体は着物を着たまま首をつったおばあちゃんでした。

    ところが、以前住んでる部屋とは別の部屋で同じ体験をした人が

    いました。さらに別の部屋でも違うレパートリーの変な体験を

    した住人がいたことが明らかになります。

    しかしアパートの大家さんも昔からいる住人も、このアパートで

    自殺や殺人など事件があった過去はないと言います。

    これは建物レベルじゃなくてこの土地や歴史に何かあるのでは

    ないかと調べ始めると、アパートが建っていた土地には豊洲並みの

    土壌問題があったのでした。

     

    首をつったおばあちゃんは赤ちゃんの泣き声に悩まされて自殺し、

    赤ちゃんの泣き声は赤ちゃん殺しの女性によるものだったのですが

    その女性も床下から聞こえる声に動かされて子供を殺していた、

    床下の声は、私宅監査されていた精神病の男性のものだったが

    その男性が発狂したのはあるいわくつきの絵を見たせいで…

    と、オバケに苦しめられた人が自分もまたオバケになり、さらなる

    被害者を増やしていくというオバケのネズミ講状態。

    一体その大元になるオバケのディストリビューターは誰なんだと

    探っているうちに、ついに時代は明治、場所は九州にまで

    広がります。範囲が広すぎる。

     

    そこで「私」と女子大生に強力な助っ人登場。

    ホラー作家平岩芳明(平山夢明)さんが「私」のホラー作家仲間という

    ことでこの自由研究に参戦。

    最恐のディストリビューターのルーツを探しに、みんなで九州に

    修学旅行に行くことになった頃にはだんだん楽しくなってきました。

    お約束の廃墟探検などをして、一応の「答え」には突き当たり、

    もうなんだかわけわかんなくなってきちゃったんで終わりに

    しようかということになります。

    しかし、やはりそれだけでは終わらないのがジャパニーズホラー。

    この件に関わったすべての人に終わることなく「穢れ」が続いて

    いきます。女子大生の久保さんは部屋を引っ越したんですが、

    新しい部屋でもまた「あの音」が聞こえるようになったとか。

     

    心霊現象は場所に付くのではなくて人に憑くということなんですが

    その憑き方は必ずしも関わり方に比例しないのがリアルだなあと思いました。

    全然気にせず暮らしている人もいれば、ほとんど関わっていないのに

    重篤化する人もいます。

    あと一番こわいなと思ったのは、女子大生の隣の部屋に人の好さそうな

    三人家族が越してくるのですが、そこにもおかしなことが起こりはじめ

    すぐに出て行ってしまいます。

    そしてしばらく後に、その家のダンナさんが妻と子供を殺害したという

    ニュースを知るのです。

    なんでこわいかというと、その部屋で心霊現象を体験してこわがって

    いたのは奥さんだったんですね。でも殺したのはダンナさん。

    やはり人の心が狂っていくということ自体がいつの時代も一番

    恐ろしいんだなと思いました。

     

     

    これから部屋を探したり引っ越したりする予定の人は、大島てるだけでは

    わからないことがあるという意味で、観ない方がいいと思います。

     

     

     

     


     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 14:06
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM