怪しい彼女

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今回は以前ひらたまきさんにおすすめされた韓国映画

    『怪しい彼女』について書きます。

    50歳若返ります。

     

    あらすじ

    気が荒くて口が悪くて家族をはじめみんなから疎まれている

    ばあさんマルスンは、幼馴染のじいさんパクと一緒に高齢者カフェで

    働く普通の高齢女性。若くして未亡人となり、病気がちだった

    一人息子を苦労の末育て上げ大学教授にしたことだけが人生の誇り。

    昔は結構可愛くて、何より歌が上手で歌手を夢見ていたことも

    あったが当時を知り慕ってくれるのはパクじいさんとバンドを

    やっている孫の男の子だけ。

    同居している嫁は姑マルスンの小言がつらくてストレスでダウン。

    それを機に施設に預けられることになってしまったマルスン。

    自分はなんのために苦労して生きてきたのか、もうゲンナリ

    したから最後に遺影の写真でも撮っておくかと写真館で

    写真を撮ってみたらあらなんと。20歳のころの自分になっていました。

    見た目は若い女、中身はたくましいおばあちゃんというギャップと

    得意の歌でマルスンは孫のバンドのボーカルになりみるみる人気者に。

    彼女を見出したイケメンプロデューサーと淡い恋もしたり、孫の

    バンドもメジャーデビューできそうになったりと、味わえなかった

    青春を満喫するマルスン。

    ところがあることをきっかけに、マルスンは再び元の自分に戻る

    決意をする。

     

     

    若返る前のマルスンは、結構なレベルのうざいばあさんです。

    悪い人じゃないんだけど、素直じゃないし喧嘩っぱやいし

    自己中心的だしであんまり周りからよく思われていません。

    バンドをやってる孫の男の子のことはかわいがって(甘やかして)

    いますけど、息子と嫁さんは「若い頃苦労してくれたから面倒みるか」って

    感じです。

    ところが、若返ってみるとそんな「ばばくささ」がかえって

    魅力となるのです。それは、今は強がっているマルスンでも

    貧乏しながら女手ひとつで病気の一人息子を育てるのには本当に

    苦労をしてきたから。

    ひねくれざるをえなかった彼女の重ねてきた苦労、人生経験が、

    若い歌声に渋みを与え、聴く人の胸に訴えるのです。

    桜田淳子が復活して昔の歌を披露して、みんな涙したってニュースで

    やっていましたけど、年を重ねたからこそ出せる味があるのです。

    そんなババアと若い子のいいとこどりでどんどん夢を現実にしていく

    様子は観ててとても気持ちがいいです。

    韓国の笑いのセンスは肌に合わないんですけど、この映画は韓国の

    セルフパロディって感じで、量産型Kポップに辟易している音楽

    プロデューサーとか、オチわかっているのに引っ張る韓流ドラマを

    ネタにしていて笑えました。

     

     

    こういうセンスの人なら、きっとラストも韓国映画の定石じゃない

    終わり方を見せてくれるかな?って期待しましたがそこはやっぱり

    どうしたって韓国。

    「待ち合わせの時間に間に合わない」からの「交通事故」という

    お家芸出して来ちゃいました。

    結局そうなるんかーーい!とちょっとがっかりしましけど

    20歳のマルスンが自分の母親だと気がついた息子が、

    「僕のために好きなこともできない人生だったんだ。

    お母さんはこのままもう一度人生をやり直して」

    「わたしゃもう一度生まれ変わってもおんなじ人生をやり直したいよ。

    じゃなきゃお前に会えないだろ?」

    っていうくだりはもうさすが泣かせの韓国。

    風邪気味でつまってた鼻が通りましたね。

    そんなわけで中身だけばあさんは外身もばあさんに戻り、また

    家族と一緒に暮らし始めました。

    孫のバンドはデビューを果たし、姑に圧迫されていたお嫁さんも

    やぶきたブレンドの二人くらいには言い返せる関係になってよかったね。

     

    恋愛面では、ちょっといい感じになった音楽プロデューサーとは

    ばあさんに戻ってからは遠くから眺めるだけでとくにお互い関わらない

    ままだったのがよかったですね。

    あと陰ながらいつもばあさんを守ってくれている幼馴染のパクじいさんよ!

    彼の一途さには胸が熱くなりましたね。あと、ばあさんと犬猿の仲だった

    老人界隈の姫、派手なおばあさんが突然死んじゃったのもおもしろかったですね。

    倉本聰も老人ホームを舞台にしたドラマをはじめて「老人ホームは恋愛の宝庫だ」

    みたいなことを言っていましたし、私もまだあと30年経て春がやってくるかも?

    という気持ちになれました。


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.11.09 Thursday
      • -
      • 00:25
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      おばあちゃんも、若返ったほうも、女優がうまく、劇中歌もいいので見てて楽しいんですよねこの映画。私は孫のバンドに入って一番最初に公園だかでやるライブのシーンが大好きです。そのあとのライブハウスのシーンもいいんだな。
      ひらたさま 
      遅くなってすみません。
      主演の女優さんはイモトにそっくりでしたね。孫役の子もかっこいいなーと思ってたら、ほんとに人気のあるグループの一人みたいでしたね。あとあのでかい波のくるプールみたいの超たのしそうでしたね。
      • tamax
      • 2017/05/06 10:29 PM
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM