6才のボクが、大人になるまで。

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は12年間を3時間に凝縮した超時短映画

    『6才の僕が、大人になるまで。』について書きます。

    この可愛い少年が、ヒゲ面になるまで。

     

    あらすじ

    6歳のメイソンは、シングルマザーの母親と姉とともに暮らす

    ごく普通の少年。男運の悪い母親に振り回され、男が変わる

    たびにあっちいったりこっちいったり。

    いいかげんだけど憎めない実父(イーサン・ホーク)とたまに

    交流したりしながら時はゆるやかに過ぎていくのだった。

     

    3時間近い映画で、イーサン・ホーク以外は特に有名な俳優も

    出ていません。そしてなんと恐ろしいことに、ヤマがないのです。

    ゆるーいヤマはありますけど、ほとんどがだらだらした日常

    風景を切り取ったものです。

    最初、これ借りたの失敗だったかなと思いましたよね。

    でも不思議と苦痛じゃないんです。なんでかというと、この

    映画はどこをとっても「思い出に似てる」んですね。

    思い出ってすごくささいな日常の切れっぱしじゃないですか。

    楽しかったこともつまんなかったことも、時系列もバラバラなまま、

    でも妙にはっきりとした切れっぱしが箱にどちゃっと入ってるみたいな。

     

    メイソンは可愛い6歳から、最終的には岡田義徳みたいな

    ヒゲ面の大学生まで成長するのですが、よくあるブラックアウトして

    「○年後」とかそういうのがないんですよ。

    カットが切り替わったら急に少しだけでかくなってるんですね。

    ※2歳くらい上のお姉ちゃんもいるんですが、藤田ニコル似で

    すっぴんの中学生くらいまではちょいブスなんですが

    パンク系のファッションになったり派手めになったりして

    最後はコンサバ系に落ち着いて結構可愛くなっていました。

     

    10分前のメイソンとはそこまでの変化はないんですけど

    30分前のメイソンとは明らかに違っていて、そしてその

    ゆるやかな移行により、もはや観ている方は30分前のメイソンを

    思い出せないんですよ。

    この監督は12年もしつこく時間をかけて表現したかったネタは

    そこなんだろうなって思いました。

    私も2歳になる息子がいるんですが、産まれてから毎日一緒にいて

    写真に撮ったり目に焼き付けてきたつもりでも、哀しいかな

    もう0歳の赤ちゃんだったころの記憶ってぼやけてきてるんですね。

    人生は別名保存できませんから、常に上書き上書きされていくんです。

    大人になるともう変更点が間違い探しみたいにちょっとしかないから

    3年前も去年も変化がわからなかったりしますが、子供って一か月で

    全然変わっちゃいますからね。

     

    母親はダメンズと結婚・離婚を繰り返してそのたびに追われるように

    引っ越しを余儀なくされ、結構つらい面もあります。

    友達の描き方もすごくよかったですね。

    まず一番最初にできた親友である近所に住む男の子がいたんですが

    例によって母親の都合で急きょ引っ越したせいで別れのあいさつも

    できませんでした。

    車の窓から、その子が自転車で追いかけてきているのが見えるのですが

    特にメイソンは引き返すわけでもなくただじっと外を見つめています。

    このシーンはその後の、無数に出現する「おともだち」を表現する

    ようでとてもよかったです。

    私も転勤族だったんで、ある日を境に「おともだち」が総入れ替えする

    体験は何度もしていますし、その場その場でいろんな人を受け入れていく

    術も身に着けました。

    映画の中で「おともだち」の扱いがすごくよくて、結構キャラの立った

    人物も出てくるんですが特にコミットせずに過ぎ去っていくんですね。

    芸術系のメイソンにとっては大学に入るまではそこまでがっちり

    趣味の合う友達は一人もいなかったんですが、自分の子供時代を

    思い返してみると、本当にいろんなタイプの友達がいて、連絡も

    取り合ってはいませんが彼らもどこかでそれぞれの人生を生きてるんだなーと

    時々想いを馳せています。

     

    そんな人生の中でももっとも変化の激しい6歳〜12歳という貴重な

    メイソンの時間をダイジェストで観させてくれるわけです。

    メイソンの変化が顕著なので、あやうく気がつかないんですが

    実は大人たちも、間違い探しのようにちょっとずつですが変化しているんですね。

    母親はダメンズ好きには変わりませんが、大学に戻って博士号をとり、

    大学教授にまでなります。

    夢見る中年だった父親も、しっかりした女性と再婚して子供をもうけ

    就職もします。でも子供たちの一番の理解者である点はずっと変わりません。

    輝かしい時代を過ぎても、人生は日々上書き更新されていく。

    でもメイソンがついに家を巣立っていくラスト直前で、母親が思わず

    口にするセリフは胸にぐさりと突き刺さりましたね。

    「あんたたちを送り出したら、あとは私の葬式だけよ!人生はもっと長いと思ってた」

     

    気がつけば、長いと思っていた3時間もあっという間に過ぎて、もう夕方。

    私の時間はどこにいったんでしょうか。

    それでも充分に観る価値のある一本です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.04.14 Friday
      • -
      • 00:02
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM