ブラックスワン

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今回はバレエ業界に対するネガティブキャンペーンとしか

    思えない営業妨害映画『ブラックスワン』について書きます。

    サカムケア

     

    あらすじ

    バレエ団でプリマドンナを目指すニナ(ナタリーポートマン)は

    実力と才能はあるがあと一歩脱皮できないところがあり

    苦しんでいた。それもそのはず、過保護な元バレエダンサーの

    母と暮らし、いつまでも大人になれずに甘々のままアラサーに

    なってしまったからである。

    プリマとすぐ肉体関係になるものの、有能な監督のトマスは

    それでも今度の『白鳥の湖』の演目でニナを主役に抜擢する。

    清楚で純粋な白鳥役はなんなくこなせるニナだったが、問題は

    エロくて悪い黒鳥役も演じ分けなくてはいけないこと。

    演技に悩む中、黒鳥役にぴったりの奔放なダンサー、リリーが

    代役に決まったり、母親との関係も悪化したりでどんどん

    精神がヤバい方向へ向かっていくのであった。

     

     

    ずっと優等生、いいコちゃんで育ってきたニナは美人なのですが

    恋愛経験も少なく、いつも困った顔をしています。

    ニナを妊娠したことでバレエの夢を絶った母親が、もろに

    自分の人生をニナに全部乗せしてくるわけです。

    ニナの母は結構やばくて、自室にニナの肖像画みたいな絵を

    壁中に飾っているんですね。

    イケアの女の子の子供部屋みたいなブリブリのニナの部屋には

    鍵もかからず、うかつに自慰もできません。

    こんなニナに黒鳥が演じられるか心配でしょうがない監督の

    トーマスは「宿題だ、今夜一人でしてみろ」などと言って

    ニナの官能を呼び覚まそうとします。

    真面目なニナはよーしがんばる!と本当にとりかかるんですが

    母親が気になってどうにもダメです。

    そんなときに現れたのが、ビッチを絵に描いたようなリリー。

    こいつはクスリはやるわチーズバーガーは食べるわ男遊びは

    するわでとんでもないプリマなんですがそんなに悪い奴

    でもありません。

    このリリーは黒鳥役はドはまりするんですが、そうでないときは

    普通に白いメイクをした白鳥役をやっていて、そっちは全然

    似合わないんですよ。

    そんなに悩まなくても適材適所で白鳥役はニナ、黒鳥役はリリーが

    やればそれでまるっと解決するんじゃないかと思うんですが

    ダメですかね。

     

    リリーの存在を恐れながらも惹かれてしまうニナは、ある晩

    家を抜け出してリリーと二人で出かけてしまいます。

    クラブで酒飲んでヒャッハー!というこれまた典型的な

    夜遊びで、タガが外れたニナはその日を境に徐々に開花していきます。

    それと同時に頭の調子も悪くなりはじめ、幻覚を見はじめるのです。

    ニナが病んでいく表現として、CGを使った「イタイ」シーンがたくさん

    出てきます。爪が剥がれたりとかさかむけを引っ張ったら指の

    第二関節あたりまでピリーっと剝けたりとか。

    この描写が、ホラーだ!追い詰められた精神を表している!と

    言われていますが、私はイタさと怖さでいえばサカムケアと

    ヒビケアのCMの方がよくできていると思います。

    これくらいの痛み、主婦ならみんな経験していますよね。

    主婦、別に自傷でやってるわけじゃないですからね。

    ※グロいのでモザイクをかけてみました。

    ひび割れた手できゅうりを塩もみしたり、キムチをもんだり…

    ブラックスワンどころじゃないですよ。

     

     

    病み方もちょっとまだ甘い感じがするニナでした。

    あと地味に怖かったのは女性たちではなく監督のトーマス。

    この男はニナの前にいたプリマドンナにも手を付けているのですが

    それはあくまで「商品を試すため」なんですよね。

    以前、5時に夢中!で岩井志麻子さんが話していたデリバリーヘルスの

    店長の話を思い出しました。

    デリバリーヘルスに来るくらいだから頭がヤバい子とか容姿も

    アレな子とかいっぱいいるらしいんですけど、その店長はまずは

    全員と関係を持つのだそうです。

    そこには愛情も欲望もなく、ただ「商品を検品し、扱いやすくするため」

    なんだそうです。

    やっかみでイジワルしたり、男に捨てられて逆上したりする女たちの

    方がよっぽど人間味があるように感じましたね。

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.08.03 Thursday
      • -
      • 00:11
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM