野のなななのか

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は大林信彦監督作品『野のなななのか』について書きます。

    大いなる老害

     

    あらすじ

    北海道芦別市で雑多な古道具屋を営む元医者の老人

    鈴木光男(品川徹)は、絵を描きながら亡くなっているのを

    孫のカンナに発見される。

    その知らせを受け、方々から親戚一同が集まってきた。

    光男の死を悼むというよりは、どこかみな身勝手で気も

    そぞろな親族たち。

    しかしその中に一人、清水信子(常盤貴子)という美しい

    女性が現れたことで光男の過去、とりわけ戦時中の出来事が

    紐とかれていく。

    一体清水信子とは光男のなんだったのか。

     

     

    『この空の花』を劇場で鑑賞し、新しいアトラクションかと

    思うような映画体験に感動し、姉妹版であるこちらも

    気になっていました。

    が、ヤバさでいうとこっちの方が上かもしれません。

    『この空の花』は変でありながらもエンターテイメントとして

    一つ完成していましたが、こちらはそうとも言えないのです。

    品川徹は最初から死んでいます。

    冒頭、集まってきた親族がそれぞれ他人のセリフに食い気味に

    自分の言いたいことばかりガヤガヤ言い合うやかましい

    シーンが長回しで続きます。

    びっくりするほど苦痛です。そして現実にはこんな奴らいるわけが

    ないのですが、あの、親戚が集まった時のどうにも座りの悪い

    落ち着かない感じが非常によく出ています。

     

    一応の「物語」は、ふわふわした現実味のない品川徹の

    孫なんだかひ孫なんだかわかんない二人の若い女の子によって

    進んでいきます。

    品川徹は医者時代に雇っていた看護士の女性、常盤貴子と

    なんかしらの因縁があったようなのです。

    それがなんなのか次第に明らかになっていくのかな〜と

    思いきや、死んだはずの品川徹がこちらに向かって

    「それでは説明しましょう」と自分語りをはじめてくれます。

    もったいぶっていたわりにはいきなり謎が解けます。

    とにかくこの映画全体通して、あらゆるセオリーといったものは

    完全無視なんです。

    よく映画でもなんでも「先が読めちゃってだめだった」と言われますが

    先が読めなさすぎるのもメンタル揺さぶられるなぁと思いました。

     

     

    大林監督が昨今特に力を入れている震災と再生や、人間の生死観が

    ふんだんに盛り込まれているのですが、他がおかしすぎてそっちが

    全然頭に入ってこない不思議。

    でも観終わった後になんかやっぱり感動した、印象に残った、そういう

    映画を撮るのが天才・大林宜彦なのです。

    とくに私事ですが、昨年画家でありデザイナーだった祖父が89歳で

    亡くなったこともあり、リンクするところが多かったです。

    たとえば光男は医者を引退したあと、自宅の医院でガラクタみたいな

    日用品を所狭しと並べた雑貨屋をはじめます。

    光男の死後、そういった物をどうしようかという話になったとき

    「でもこういう物たちが震災で失われた私たちのすべてなんだもの」

    というようなセリフがあります。

    私も祖父のアトリエに遺品整理で入ると、お酒や香水の小さい

    小瓶だとか、何かのおまけでもらったようなおもちゃや土産品を

    キレイに並べて飾ってありました。

    驚いたことに天井からさがっていたモビールは、よく売っている靴下を

    吊るすためのフックを糸でつないだものでした。

    ひとつひとつは、手に取ればあっという間にゴミになってしまう

    そんなガラクタこそが、人生そのものなんだよなぁと思わざるを得ません。

     

    そして光男と、生まれ変わっても深い絆で結ばれていた清水信子という

    女性。

    祖父の葬儀のときに、泣きはらした目でお焼香に時間をかけている

    40代くらいの綺麗な女性が来ていました。

    祖父が教えていた絵の生徒さんかもしれませんし、そうではないかも

    しれません。

    そんなようなことも光男と信子の関係を見ていて思いました。

     

    とにかくめまいがするほど変な映画なので、おすすめはあまりできませんが

    やっぱり私は大林監督、すきっ!

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.12.13 Wednesday
      • -
      • 00:01
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM