何者

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は朝井リョウ原作の『何者』について書きます。

    就活戦線異状あり

     

    あらすじ

    就職活動真っただ中のタクト(佐藤健)とコウタロウ(菅田将暉)。

    タクトは打ち込んでいた演劇をやめたり、コウタロウはバンド活動を

    休止して髪を黒く染めて日々面接や試験を繰り返していた。

    コウタロウの元カノ・ミヅキ(有村架純)は就活を通して知り合った

    リカ(二階堂ふみ)とリカが同棲している彼氏(岡田将生)の部屋に

    タクトとコウタロウを招き入れ、メンバーはそこを「就活秘密基地」にした。

    あと一人だけ神様目線のタクトの先輩・山田孝之もいたけどあまり出てこない。

    とにかく真面目にひたむきなミヅキ、帰国子女で意識高すぎリカ、

    ナチュラルボーンリア充のコウタロウ、取り立てて特徴のないタクト。

    それぞれが違う分野で就活を進める中、秘密基地に集まっては情報交換する

    なんやら楽しそう。

    ところが地味なリカが真っ先に大手の内定を取ったことからバランスが

    崩れ始める。

     

     

    私は就職氷河期世代でほんっとに就職活動はつらかったのですが、この

    映画に出てくる若者たちは「よりいいところに受かりたい」という

    気持ちなところが我々の頃とちょっと違うなと思いました。

    就職氷河期世代は、就職できただけで勝ち組なのでとにかく

    どこでもいいから引っかかりたいという子が多かったです。

    この映画の若者たちは、恐らくMARCHくらいの大学生なので

    選ばなければどっかには入れるんだと思います。

    でも、できるだけ友達に自慢できるようないいところに受かりたい。

    そのために必死になんですが、なるべく必死なところも悟られないよう

    スマートに就職活動しているように見せています。

    一番意識が高いリカを筆頭に「みんなで情報収集して一緒に勝ち抜こ!

    自分高めていこ!」ってエイエイオー!ってめちゃくちゃポジティブに

    はじまるわけなんですが、当然そんな気持ち悪いノリは崩れてきます。

     

    イマドキの、自分を高めて気づきやフィードバックやPDCAしている

    就職活動とは一線を画し、昔ながらのがむしゃら活動をしていたのは

    ミヅキ。というのも彼女は複雑な家庭の事情でしっかりした会社に

    入って早く自立したいという危機感があったからです。

    その努力の甲斐あって、よくわからない回り道をしている友達より

    いち早く大手企業に内定をもらいます。

    続きまして今度は、一番遅くに就職戦線に乗ってきたモテ男の

    コウタロウ。こいつは菅田将暉くんが演じているんですけど

    生まれ持っての人たらしで要領がいい。

    バンドでもかなり人気があって、就職のためやめてしまいましたけど

    彼は何をやらせてもそこそこできてしまうタイプの人間なので

    あまり苦労なく評判のいい中堅どころの出版社に内定をもらいます。

    いますね、こういう葛藤の一切ない人。

    ちなみにミヅキとコウタロウは元恋人で、ミヅキの方はいまだ

    コウタロウに未練があります。

     

     

    ミヅキとコウタロウが着実に内定をもらってから、余裕ぶっこき丸に

    見せていたリカとタクトがおかしくなってきます。

    この辺からおもしろくなってきました。

    留学経験があってなんだかよくわからんけどNPOだのボランティアだの

    なんやかんややってきたのか自信満々女だった二階堂ふみは

    常に気づきやポジティブな波動を感じているはずだったのに、

    こっそりミヅキが内定した会社の悪い評判をググっていました。

    それをコウタロウに見つかってしまい逆ギレ。

    コウタロウの秘密を暴いてしまいます。

     

    まあここがビックリネタバレというところなんでしょうが、

    タクトはtwitterの裏アカウントを使って周囲の人間を

    ネタにして嘲笑っていました。

    ところがどっこい、そのアカウントは裏どころか超表で

    ネタにされている周りのみんなが見ていて、逆にタクトを

    つめたく見守っていたというオチ。

    それだけではなく、実はタクトだけは「就活2年生」だったのです。

    1年目では決まらず、留年や留学をしてきた他のメンバーと

    足並みがそろってしまっていたのです。

    いわば「就活のプロ(決まらないから)」になってしまったタクトは

    受かり方がわからない状態に陥っていたのです。

     

    そのことがはっきりした瞬間、うわぁぁぁぁぁん!とリカの家を

    飛び出すタクトが滑稽に描かれていました。

    この映画は「胸を抉る就活ホラー」と称されていますが、私は

    風刺コメディのような感じで観ました。

    というのも、私には佐藤健演じるタクトのどこが悪いのかわからない。

    イタい奴は陰で笑われて当たり前!私は一応芸術専攻だったので

    大学1、2年の頃からリカみたいな就職を意識した制作活動を

    している奴らや、面接みたいな課題の発表する奴らをバカにするのは

    当たり前でした。

    日本の就職活動は本当にクソだと思っているので、そんなクソなこと

    2年もやらされてるタクトがおかしくなるのは無理もないです。

    匿名でtwitterで毒づいていたのも、そもそもtwitterをリアルと同じ

    気の使い方をしなきゃいけないというのがそもそもおかしい。

    twitterでは本当の自分じゃなくてもいいし、言っていることも

    真実と限らなくて全然いいと思いますよ。

    ていうかtwitterでしか悪口言わないなんてめちゃいい人じゃないですか。

     

     

    最終的に就活のために自分のやってきたこと(演劇)をなかったことに

    していたタクトは、改めて演劇をやってきた自分を表に出すことで内定を

    勝ち取りそうな感じになります。

    気の毒なタクトには本当に内定出てほしいです。根はいい子なんだから。

    自分を偽っていても就職はうまくいかないかもしれませんが、自分のやってきた

    パラパラマンガを前面に出した途端、最終面接で2回落ちたことのある私には

    もう就活なんてクソ!としか言いようがありません。

     

     


    | 1/63PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM