冷たい熱帯魚

0

    こんにちは、tamaxです。

    先日、美容院で髪を切ってもらっている間、なぜか埼玉の

    愛犬家連続殺人事件の話になり、そういえばと思って

    観ました。

     

    ボデーを透明に。

     

    あらすじ

    小さな熱帯魚店を営む中年男社本(吹越満)は、20歳そこそこの娘と、

    再婚した若い妻(おっぱいの人)と三人で暮らしていたが、

    若妻と娘の折り合いが悪く、自分と若妻とも折り合いが悪く、

    息の詰まるような生活だった。

    ある日、男と遊び歩いているバカ娘が万引きをして捕まり、呼ばれたところで

    仲裁に入ってきた初老の男、村田(でんでん)と出会う。

    村田も近くで大きな熱帯魚店を経営しており、娘の万引きを助けてもらったことも

    あり急にお近づきになった社本家。

    陽気で人懐っこいおっちゃん、という印象の村田だったがその中身は恐ろしい悪魔だった。

    社本家は次第に村田とその妻との地獄のような世界に引きづりこまれていくのであった。

     

     

    冒頭からおっぱいの人こと、社本の後妻が冷凍食品をスーパーで乱雑に買い込み、

    汚い電子レンジにボンボン放り込んで温めただけの夕食を無表情で用意しています。

    夕食を作るときこの顔は私もよくやるのでちょっとドキっとしましたが、これでもうこの妻は

    家庭生活にうんざりしていることがうかがえます。

    でんでん演じる村田は自分の利益やちょっとした利便性のためにホイホイ人を殺す

    殺人鬼だったのですが、まだ万引きを助けてもらったくらいでは逃げられる余地が

    あったと思います。縁を切ればいいのですから。

    ところがまず不良娘がなぜか村田に懐き、フーターズみたいなエロ熱帯魚店のミニスカ

    店員として住み込みでバイトし始めてしまう。

    さらにはおっぱい後妻を急展開で寝取ってしまうのです。

    この展開の速さは非常に「ある」感じだなと思いました。

    おっぱい後妻を手籠めるシーンは、とても怖かったですね。

    最初は水槽の魚を見せて世間話なんかして次第に後妻の悩み、弱みに近づいていきます。

    そして一気にガっといくんですね。殴るんですよ、パン!と。

    この唐突な暴力。これが洗脳なんですね(誰なんだ)。

    一瞬考える力を奪い、少し我に返りそうになるとまたパンと殴られる。

    このテンポですよ。

     

    いわゆる凶悪犯罪に巻き込まれるとき、性的に手なずけられる、つまり一発ヤラれるか

    共犯をさせるかとはよく言いますね。

    村田はまず娘と後妻を性的に支配し(娘はヤられてはいませんが、フーターズ住み込み

    長屋にはレズのニオイがしました)、社本にはあれよあれよという間に死体を運ばせたりと

    共犯関係を成立させています。

    その手際の良さたるや。

    こうなるともう、出会ってしまった段階でこいつからは逃げられなかったかもしれないなと

    思い直しましたね。

     

    冷たい熱帯魚は最初にも書いたとおり、実際の事件が元になっています。

    でんでん演じる村田はほぼ忠実に実際の犯人を再現しているようで、

    「ボデーを透明にする」などというキャッチーなセリフも犯人自身が言っていた言葉だそうです。

    ただ、映画として園子温エンターテイメントにするため、なぜか村田の奥さんがやたらと

    エロい頭のおかしな女性として描かれています。

    実際の犯人と共犯の妻は、小太りで女性らしさもない、地味なおばさんでした。

    性格も几帳面でお嬢様育ちで真面目だったというのですが、鼻歌を歌ったり楽しそうに

    遺体処理をしていたことは事実だそうです。

    そういう女性がどうしてそっち側にいってしまったのか、またそういう女性にも

    エロくて頭がおかしい部分があったならその方が面白いんじゃないかと思いましたね。

    外見的にもニッチェのどっちか辺りに演じてもらいたかったですね。

     

    そういったこともあり、実際の事件から離れて創作部分になっていく後半はあんまり

    面白くないなーという印象でした。

    現実の方がよっぽど怖くて、どうしたらこういう恐ろしい世界と無縁に生きていけるのか

    切実に考えてしまいます。

    女性だったらひとまず、おっぱいを半分以上出して歩かないことからはじめましょう。

     

     

     


    | 1/65PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM