ブルックリン

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は『ブルックリン』について書きます。

    エイリアンとして生きる。

     

    アイルランドで高齢の母、しっかりものの姉とともに地味に

    暮らしていたエイリシュは、姉の計らいで一人アメリカに

    渡ることになった。

    アイルランドでは仕事もなく、彼氏もできずにくすぶっていた

    エイリシュ。壮絶な船酔いを経てブルックリンに着き、

    寮に下宿しながらデパートの売り子をして暮らしはじめる。

    垢ぬけないエイリシュはイケイケドンドンなアメリカ生活にも

    なかなか馴染めず、病んでいたところに神父の勧めで夜間大学で

    簿記を学び始める。

    目標ができて少し元気になったエイリシュは、さらにうれしいことに

    パーティーでイタリア人男にナンパされ人生初の彼氏ができる。

    中身も外見も磨かれてやっと人生を楽しめそうになってきた矢先、

    アイルランドに残してきた姉の訃報が舞い込む。

     

    1950年頃が舞台です。当時のアイルランド、またブルックリンという

    土地がどういうものであったかよく知りませんが、アイルランドは

    閉鎖的で土着意識が強く、エイリシュには息苦しい環境だったようです。

    そこも別にコンビニ一つないという田舎ではなくちゃんと機能していて

    若者たちはパーティーで知り合って恋愛したり、恋愛したり、恋愛したり

    しているのですが、アイルランドの「イケてる層」にエイリシュは

    全く相手にされません。

    エイリシュは元々賢くて、視野も広いのでこのアイルランドで終わらせるのは

    もったいないからと、独身で働きながら母親の介護をしている姉が

    アメリカに送り出してくれたのです。

    しかしブルックリンには行ったはいいけど、苦手な接客業で客に愛想を

    ふりまけず怖い先輩(実はいい人)に怒られ、寮のアバズレたち

    (実はいい子)とも合わず、お姉ちゃんの手紙を読んで泣く毎日。

    しかし、神父の勧めで夜間大学に通い出してから自信を持ち始めます。

    今まで苦手なことばかりさせられ、自分の狩場じゃないところに狩りに

    行かされていたので力を発揮できなかったわけです。

     

    ところが、おもしろいことに得意分野で自信を持つと、今まで不得意だと

    思っていた接客業や、出会いの場でも輝きはじめるエイリシュ。

    ついに人生初の彼氏を手に入れます。イタリア系移民のトニー。

    これがもうめちゃくちゃいい奴なんです。誠実で頑張り屋で、何より

    エイリシュにぞっこんほれ込んでくれるトニーを得たエイリシュはもう無敵。

    外見も洗練された都会の女性に変わっていきます。

    そんな矢先にアイルランドの姉が病死。姉の葬儀と残された母が心配で

    アイルランドに一か月里帰りすることになりました。

    不安がるトニーと籍だけ入れて。

     

    アイルランドに帰ってからが見どころです。

    なんとこのエイリシュ。あろうことか地元に戻ったら結婚したことを隠して

    別の男性といい感じになるのです。それは地元の親友が連れてきた社長子息。

    この親友の女の子はエイリシュとは対照的で、気立てがよくてかわいくて

    昔からモテモテ。地元でいい男と結婚して子供を4人くらい産みそうないわば

    土着女子です。

    彼女がよかれと思って連れてきた男性も知性があってなかなかの

    好青年です。

    昔だったら自分には見向きもしないようないい物件です。

    すっかり都会の空気をまとったエイリシュに、彼もまんざらでもない様子。

    地元でもちょっと責任のある仕事を任されちゃったりして居場所はあるし

    老いた母もいる。ここでこのままやっていくのも悪くないんでないか、

    エイリシュはバンバン送られてくるトニーからの手紙を開くことも

    できなくなってきます。

    どうすんだ、エイリシュよ。ええ?

     

    これですね、アイルランドを私の地元青森に、ブルックリンを東京に

    置き換えたらものすごくわかってきました。

    私も青森は好きですが、青春時代はエイリシュのように全然モテなかったし

    周りは狭い世界の中で楽しそうにやっているように見えました。

    こんなところには自分をわかってくれる人はいない、と思っていました。

    それで東京に出て、それなりに自分自身を見つけ今青森に帰ってみたら

    当時手が届かないと思っていたものが、身近に感じられるどころが

    ちっぽけなものに見えてくる気がします。

    エイリシュもそうだったのでしょう。

    なんだ、こんな簡単に手に入るんだったんだと。

    さらにエイリシュには亡くした姉という存在がいます。

    エイリシュがアイルランドで選び取る生活は、憧れ慕う姉が歩むべきだった道。

    それを受け継いでいかなきゃいけないのではないか。母の介護もあるし。

     

    もうあと一歩でアイルランドに転びそうになっていたところに、あるきっかけで

    エイリシュは目を覚まします。

    それも実に皮肉な田舎あるあるで。

    自分は田舎にもどっぷりつかることはできない、アメリカではアイルランドの

    DNAを隠すことはできない。夫はイタリア系移民。

    エイリアンとして生きていくことしかできないけれど、それが自分の生き方なんだと。

     

    トニーがあまりにいい奴なので、アイルランドでのエイリシュの行動は

    ビッチに見えるのですが、田舎から都会に出た女性だったら誰もが理解できる

    と思います。

    非常に共感できましたが、エイリシュ自体が自分に似すぎて同族嫌悪的に

    あまり好きになれなかったのがいまいちポイントでした。

     

     


    | 1/61PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM