打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今回は最近アニメ映画化もされた岩井俊二監督作品

    『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に

    ついて書きます。

     

    美少女なんで、よろしく。

     

    小学6年生の夏休み。

    仲のいい五人組男子は、今日の夜行われる花火大会の

    話で盛り上がる。

    花火は真横から見たら丸いのか?平っぺたいのか?

    夏休み子供電話相談にでも聞けばいいような素朴な疑問で

    意見が分かれた五人。

    高い灯台に上って確かめてみることになる。

    一方、典道(山崎裕太)は同じクラスのナズナ(奥菜恵)に

    淡い恋心を抱いていた。

    親友の雄介もナズナが気になっていて、告白したいと言っている。

    そんな二人の気持ちを知ってか知らずか、放課後プールで泳ぐ

    典道と雄介のもとに表れたナズナは、50メートル泳ぎの競争と

    勝った方と花火を見に行くことにする。

     

     

    このときの奥菜恵は、宮沢りえのデビュー当時に匹敵するくらいの

    美少女ぶりです。宮沢りえほどの透明感はありませんが、少女らしい

    垢ぬけなさが逆に魅力になっています。

    体格ももう大人とほぼ同じで、とても12才には見えません。

    ナズナは実は両親が離婚し、夏休みが終わったら引っ越すことに

    なっているようです。

    それを典道たちには告げずに、二人を競わせて、勝った方と

    一夜限りのヤケクソナイトすることにしたのです。

    とはいえ、あくまで小学生ですからやることといったら

    バスに乗って駅まで行ってみたり、夜のプールで泳ぐくらいの

    ことなのですが。

     

    この映画は二部構成になっていて、50メートル競泳で雄介が

    勝ったパターンと、典道が勝ったパターンに前後半で分かれます。

    雄介はナズナに花火に誘われますが、なぜか待ち合わせにはいかず

    男グループで灯台に向かいます。典道がナズナを迎えに行くのですが

    ナズナを追ってきた毒母に連れ戻されてしまいます。

    「もし俺が最初からナズナと会えていれば!」そこで場面は

    もう一つのパラレルワールドへ。

     

    ナズナと逃避行に出ることに成功した典道ですが、駆け落ちしようと

    言ったり「何言ってんの?電車なんか乗らねえよ」と情緒不安定な

    ナズナに振り回されてんてこ舞い。

    現実から逃げ出したいと思っているナズナですが、それがまだ

    今の自分にはできないこともわかっています。

    二人は花火大会にはいかず、夜のプールでふざけて泳ぎます。

    出た!夜のプール。

    少年少女の性の芽生えといえば夜のプール。

    夜のプールといえば性の芽生えですね。

    そのころまだまだ子供な少年4人は横から花火を見るために

    ヒーコラ灯台を目指しているところです。

    彼らは女子に興味はあるけれど、まだ恋愛対象というわけでは

    ないのですね。

    ナズナにせっかく誘われたのにすっぽかしてしまった雄介は

    ある意味まだ覚悟ができていなかったのでしょう。

    まだ子供のままでいる方がいい、そう思ったのでしょう。

     

    しかしもうすでに「大人の女」であるナズナと夜のプールに

    入ってしまった典道は、境界を越えてしまったのです。

    出てくる子供たちは全員12才のはずなのですが、主人公の

    典道はまだ9歳くらいにも見えるほどあどけなく、背が高くて

    中学生くらいに見える男子も5人の中にはいるのですが

    そいつが一番子供っぽかったり。

    人は年齢は同じでも年の取り方がちがうということを

    表現したかった映画かもしれません。

     

    最後、花火大会を見ることができなかった4人の少年と

    1人の少年。

    花火師が気を利かせて一発だけ残っていた花火をあげて

    くれたのを、4人の少年は灯台の上で今だ子供時代の

    渦中にいるものとして「横から」見て、典道とナズナは

    過ぎ去っていくものとして「下から」見上げたのでした。

     

    私はボーイミーツガールという言葉がとても好きなのですが

    この言葉のいいところは「ガールミーツボーイ」じゃないってことです。

    いつでもガールにミーツするのはボーイなんです。

    ボーイが目覚めるのを待っているんです。

    たとえば、最近家族で温泉に行った際、2歳の息子を連れて

    女湯に入ったのですが、ダンナに「何歳まで女湯に入れていいのかね?」と

    聞いたところ「女湯に入りたいと思うまで」という回答を得ました。

    つまり、そういうことなんでしょうね。

     


    | 1/59PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM