ある過去の行方

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    先日『辛口誕生日事典』という占いの本を立ち読みしたんですが

    これがすごく当たっていましてね。

    私の誕生日はズバリ『ゲスい』と書かれていました。

    ゲスい話が大好きな私には、イランのアスガル・ファルハーディー監督作品は

    大好物です。

    『彼女が消えた浜辺』

    『別離』

     

    今回は『ある過去の行方』について書きます。

    略奪失敗。

     

    あらすじ

    美人だけど痛い女、マリーと正式に離婚するため、母国のイランから

    パリへ戻ってきたアーマド。

    アーマドはマリーの二番目の夫で、最初の夫との間の娘が二人いた。

    ところが家に戻ってみるともう一人見たことない少年が一緒に

    暮らしている感じ。実はマリーはすでに三番目の男と一緒になる

    準備中で、男と連れ子も一緒に住んでいたのだ。

    そんな針の筵のような状態の家に、まあゆっくりしていってくれやと

    言われるアーマド。

    マリーの二人の娘はアーマドに懐いているのですが、長女のリュシーは

    多感な女子高生。母親の男遍歴と新しい彼氏を受け入れられず、

    グレかけている。

    マリーに頼まれて元妻の現彼氏と一つ屋根の下で生活しつつ、心を

    閉ざしている長女の悩みを聞いたり、精神的に荒れている連れ子の

    少年をなだめすかしたりと忙しいアーマド。

    しかし長女の話を聞くうちに母親と彼氏の穏やかではない状況が

    次第に明らかになってくる。

     

     

    離婚手続きが終わるまで、アーマドはホテルに滞在するつもり

    だったんですが、マリーの手違いでマリーの家の二段ベッドに

    寝る羽目になります。

    これはマリーの策略。すでに新しい彼氏がいて妊娠も

    しており、その男と連れ子も来ている家にあえてアーマドを

    泊まらせるのです。

    女の元夫と新恋人が鉢合わせるというテラスハウス。

    なんでそんなことをしたかというと、実はこの離婚ツアー

    そのものがマリーのあてつけ企画。

    マリーはまだアーマドに未練があるというのです。

     

    マリーは街の調剤薬局で薬剤師をしているので、経済的には

    自立している女性ですが、精神的には依存の塊です。

    アーマドと事実上離別し、一人になってからは薬局に通っていた

    同じ商店街のクリーニング店の店長と付き合い始めます。

    しかし店長もまた一緒にクリーニング店を営む妻がおり、

    W不倫状態。

    クリーニング店妻は元々鬱を患っていたようなのですが

    店で洗剤を飲んで自殺未遂をはかり、現在は植物状態。

    しかも娘からの聞き取りによると、妻の自殺未遂は

    マリーと店長の浮気を知ったことによるものだという。

     

    一気に知ってしまえばよくあるゴシップネタなのですが、

    説明的でなく丁寧に状況を描くことで小出し小出しにされて

    いくので、下世話な話なのにとても品がある、それが

    この監督の特徴です。

    芸が細かいの一言で、たとえば最初のシーン。

    マリーが空港へアーマドを車で迎えに行き、ロビーで彼の

    姿を見つけるととても嬉しそうに軽く跳ねたりなんかして、

    ああ恋人か夫婦の再会かな、と思うのですがいざ車に

    乗り込むとなんかおかしい雰囲気で口喧嘩なんかはじめる。

    あれあれ?と思ってよく二人の会話を聞いているとなんだ

    元夫婦でこれから離婚の調停かい、と納得。

    ところがさらに後になってみると、マリーの心には

    いまだアーマドの存在が大きいということがわかってきます。

    そうすると一旦はスルーしたあの空港での嬉しそうな姿を

    思い出してあーなるほど!となるのです。

     

    あの表情はなんだったのか、あの言葉の意味はなんだったのか。

    普段の人間生活の中ではお互いの心情やこれからどうなっていくのか

    すべてわかってるなんてことはないですよね。

    部分部分をその人なりの解釈でつなぎ合わせていくことによって

    一つのストーリーができていくわけなのですが、そのストーリーは

    十人十色。事実は一つでも、そのストーリーはすべて違うのです。

    ここが本当におもしろい。

    アーマド目線ではしんどい探偵物語。長女目線では青春物語。

    マリー目線では昼ドラ。そして、これは結末を示唆してしまいますが

    クリーニング店長目線では純愛物語。

     

    結局ですね、最後はいろんな人を不幸にして振り回したマリーと

    クリーニング店長、というか主にマリーは「過去はすべてなかったことに」

    と言って吹っ切ることにしたみたいです。

    すごいですよね、おなかの子もなかったことにですよ。

    まあ彼女にとっては妊娠もあくまで手段なのです。

    アーマドはいろいろがんばったにも関わらずあっさりイランに帰って

    しまいます。

    ここで映画の中で一応「マリーはアーマドに未練がある」という設定そのものも

    怪しいということがわかってきます。

    マリーは単なる寂しい女。観客自ら気づかせるようになっています。

    さらに最後の一ひねりはいきなりの感動路線に転換したように見えるのですが

    それも恐らく意味があり、「『過去』だったことも、突然『未来』になる。

    事実からは逃れられない」というメッセージではないかなと思います。

     

    早く結論を知りたい、一個だけ知りたい、というタイプの人には

    まどろっこしいと思いますが、あーでもねーこーでもねーとゲスい

    思惑をめぐらせたい人間にはとってもおもしろい作品です。

     

     

     

     

     


    | 1/75PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM