イットフォローズ

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今回は低予算でヒットしたホラー『イットフォローズ』について

    書きます。

    憑いてますよ。

     

    あらすじ

    ちょいビッチな女子大生ジェイは、イケメンのマッチョ系彼氏と

    付き合い始めウキウキの日々。

    ところがカーの中で結ばれると彼の態度が豹変。

    これから何かがついてくるようになる。

    それはゆっくり歩いてくるが、必ず追いつかれ殺される。

    回避するには誰かと寝てうつすしかない。

    という趣旨のことを伝えられるがジェイにはなにがなにやら。

    新手のやり逃げかしらと思っていると、その日からジェイには

    他の人には見えない「何者か」が迫ってくるようになる。

     

     

    レンタルビデオ屋であと何か1本借りたいけどぱっと思いつかない

    というとき、大体ちょっとエロいのか怖いのでお茶を濁す経験ありますよね。

    この作品はその両方の要素があるので迷ったとき借りるナンバーワンでしょう。

    ですが期待するほど全然エロくもないし、怖いのかどうかもよくわからない

    話でした。

    でもとても斬新で個性的な作品だなと思います。

    ジェイは金髪でいかにもな量産型のギャルなのですが、どうやら家庭に事情が

    あるらしく中身はそれほど軽い子ではないようなのです。

    ジェイに何かが憑いてしまってから、妹と幼馴染の青年ポールと友人たちに

    助けてもらうのですが幼馴染のポールはずっとジェイのことを好きなのです。

    ポールはジェイとは対照的に地味で真面目そうな、イケてないタイプです。

    (実際はすごくかっこいい俳優さんですが)

    そんなポールがずっと思いを寄せているくらいですから、ジェイも根はいい子

    なんだと思います。

    ジェイはポールのことを信頼していますが恋愛対象の眼中には全然ない感じ。

     

    遊び人のイケメンとばかり付き合ってきたために、変な憑き物をうつされて

    しまうのですが、性病ではなく「イット(それ)」でした。

    それは時には老婆だったり時にはおっさんだったり、時には知っている人間の

    姿に形を変えたりしてどこからでもやってきます。

    ホラー映画のオバケというのは、貞子みたいに個性が際立っていることが多い

    ですがこの映画のそれは定まった形がないのです。

    普通の人に紛れているところが怖いです。

    実際、ジェイにそれをうつした彼はうつした後も怯えていて背のすごく高い

    女の子が歩いてきたら「おい!みんなには彼女が見えるか?!」と失礼な

    ことを言っていました。

    また、その人にとって所縁のある人物の姿をしていることもあり、なぜか

    出てこないジェイの父親(死別か離婚しているか)の姿が全裸で屋根の

    上に見えたこともありました。

    トラウマを持っている相手のニセモノが現れるというところが惑星ソラリス

    ぽさもあります。

     

    ジェイたちは逃げ惑うのですが、最終的にはジェイのことを一途に想う

    幼馴染のポールのクレバーかつ勇敢な方法でそれを退治できました。

    そしてポールは念願かなってジェイと恋人同士になれたのですが、

    二人の表情はまだ晴れず、手をつないで歩く二人の後ろを「なにか」が

    ついてくるシーンで終わります。

     

    この映画にはいろんな解釈がされているようですが、私にはずばり

    「性行為」というものを考えさせるものではないかと思いました。

    そのまんま!

    性行為によってやなことが起きるなら、本当に自分にとって大事な人には

    できないですよね。だからジェイも遊び人の元カレや海にいたパリピ男には

    積極的にうつしにいくのですが、ポールには拒んでいました。

    ポールはぜひ自分にうつしてほしい!と志願してくるのですが。

    でも現実にもそんなによく知らない人の方が性行為は盛り上がり、夫婦とか

    近しい人間になればなるほどなくなっていきますよね。

    恋愛の情熱もまた、「それ」が少しずつですが確実に近づいてくるように

    だんだんと死に向かっていくものです。

    ジェイとポールの二人はその関係を乗り越えたわけですが、そこに真実の

    愛を育てていくこととができるかが「それ」から逃げのびる唯一の方法という

    気がしました。

     

    それにしてもイケてない扱いのポール役のキーア・ギルクリストという

    俳優さんが若いときの三上博史さん似で普通にむちゃくちゃかっこ

    よかったのですが、イケてない役を演じることが多い方のようです。

    ポールに幸あれ。

     

     

     

     


    | 1/82PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM