サーチ

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は全編「デジタル画面を通した」映像で作られた映画

    『サーチ』について書きます。

    粘着パパががんばります。

     

    あらすじ

    アメリカに住む中国系の家族、夫婦と一人娘のマーゴット。

    母親が病気で亡くなってしまってから、父と娘二人で

    穏やかに暮らしていた。

    ところが、成績優秀で品行方正な娘マーゴットが、ある日突然

    連絡が取れなくなる。

    夜中に父親の携帯に何度も着信があったことから、行方不明事件として

    警察に捜査を依頼することになる。

    一方で、メディア機器に強い父親は、パソコンやスマートフォンを

    駆使し、娘のSNSにハッキングすることに成功。

    独自の捜査法で娘を必死に探し始める。

     

     

    冒頭はマメなお父さんが家族の思い出や出来事、情報をパソコンの中に

    綺麗に整理整頓していることを紹介しつつ、これまでこの家族がどういう

    家族であったかがパソコンの変遷とともにわかるようになっています。

    美人で愛情あふれたお母さんは亡くなってしまったようです。

    お母さんは料理も上手で家事も完璧だったのでしょう。

    現在になると、お父さんは放課後の娘のiPhoneのメッセージ画面に、キッチンの

    ゴミを捨ててないことを写真付きで送り非難します。

    娘マーゴットは友達とこれから勉強会だと言うのですが、終いにはフェイスタイムが

    かかってきてしまいます。

    私はこのiPhoneのフェイスタイムが苦手なのですが、このお父さんは大好きで、

    連絡手段は基本フェイスタイムみたいです。

    この映画の手法上そうならないとやっていけないのでしょうが、とにかくこの

    フェイスタイムで、観客もお父さんの顔を常に見続けることになります。

    十代の多感な時期に、四六時中お父さんからのしつこい顔時間。

    結構つらいと思いますが、『いい娘』のマーゴットは笑顔で対応します。

    しかしその晩に、マーゴットは姿を消してしまうのです。

     

     

    顔、というのが結構重要だなと思いました。

    というのも、マーゴットのお母さんは夏目雅子似の美人だったのですが、マーゴットは

    もっと美少女も使えたと思うんですが、まあまるで似てないんですよ。

    最初フェイスタイムの画面に映る娘はちょいブスくらいなんですね。

    美人で完璧だったお母さん。きっと娘にとっても永遠の憧れの女性だと思います。

    しかし娘が失踪してから、奮い立ったお父さんは、得意のデジタル手腕(お仕事も

    プログラマーか何かで完全リモートワークのようでした)と根っからの

    粘着質の性格を駆使してまずは娘のSNSに侵入します。

    するとまあ娘もイマドキの子で、facebook、instagram、あとなんか動画配信みたいの

    いろいろやっていて、ツールごとにキャラクターを変えていたようなんですね。

    そうやって娘のSNSを覗いてアップしている自撮りとかを見ていると、意外と

    見ようによってはお母さんに似ているんですよ。

    フェイスタイムで見た実物はガンバレルーヤよしこっぽいのに、SNSではちょっと

    夏目雅子が入りかけてる。

    これはお父さんにとっても驚きだったんじゃないでしょうか。

     

    お父さんの中でも娘はちょいブスで、だらしないところもあるけど純粋でいい子で

    世間知らずなはずだった、でも実際はお母さんに似たもっと危うい色気なんかも出していた。

    そしてその危うさでもって今回の事件が起きてしまったのです。

     

    SNS見てコイツはやっべえと確信したお父さんは、エクセルで表を作って娘と

    からんでるアカウントを片っ端から調査していきます。

    この仕事の有能さはすごいですね。多分マクロも使ってますね。

    驚異のスピードでアナログ捜査を進めている警察よりも重要な手がかりに

    たどり着きます。

    映画は100%なんかの画面を通した映像だったり画像、文字だったりで進んで

    いくのですが、このお父さんのすごいのは画面の前から一歩も動かない

    安楽椅子探偵ではないのです。

    夜中の雑木林にも行って証拠をめっけてくるし、娘のアカウントにからんでいた

    いかにもワルそうな男のインスタの位置情報から、映画を観ようとポップコーン

    持って並んでたそいつを見つけて殴りかかって、防犯カメラに映ってたりする。

    どうやら娘が沈んでるかもしれない池の捜索がはじまったときも、寝る間も惜しんで

    探し続けるのです。

     

    最初はゴミの溜まったゴミ箱の写真を送ってきたりするモラハラ気味のお父さんに

    ちょっと引いたりしてたんですが、命に関わってくるとこのお父さんの有能さは

    尊敬に値しますね。

    ただ後にわかるのは、娘が病んでしまったのはこのお父さんの独善ぷりによるところが

    大きかったのですが…。

    マーゴットの悩みは、最愛の母を亡くしてしまったこともあるのですが、お父さんが

    ありのままの自分を認めてくれない(と思ってる)ことが原因でした。

    お母さんに似てない顔(と自分では思ってる)もコンプレックスだったんじゃないでしょうか。

    行き場のない承認欲求がいくつものSNSアカウントで危険を呼び寄せてしまっていたの

    でした。

    でも見ていると、娘のSNSに出てくる「友達」はどいつもこいつもいつマーゴットと

    同じ目にあってもおかしくない子ばかりでしたけどね。

    みんな「普通の子」なんですけどね。

     

    あとパソコンのデスクトップというのは本当に人間の脳を象徴的に表しているなぁと

    思うのが、あっちを開きながらこっちを開いて同時に作業したり、混乱してくると

    情報がデスクトップにとっ散らかってわけがわからなくなってしまう。

    なんと、あの整理整頓好きのお父さんまでが捜査に行き詰ってそうなってしまうのです。

    そして、「ひらめき」は今まで見た視界のどこかにあってその時は気にも留めていなかったのに

    あるきっかけでピンとくる、というも実にうまく表現されていました。

    ネタバレになりますが、一番ゾクっときたのはフリー素材の女の人です。

     

     

    分かったようなことを書いていますが、次々と覆る事実にいちいちびっくらこいて

    最後まで完全にだまされました。

    首尾一貫して「画面」というフィルタを取っ払うことなく終わるところが潔い。

    それなのに実に気持ちの良いラストで、ハッピーエンドなのがありがたい。

    映画の終わりに、開いていたウィンドウをひとつひとつ閉じていき、

    パソコンがシャットダウンしたときには、あー(頭の)ハードディスクを

    ようやく休められる!という解放感がありました。

     

    それにしても今の十代は、親にSNSのアカウント教えなくてもいいけど

    いざというときのためにgmailのアドレスは共有しておいた方が身のためかも

    しれませんね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    | 1/85PAGES | >>

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM