の・ようなもの

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は森田芳光監督初期の作品『の・ようなもの』に

    ついて書きます。

     

    電車がない。

     

    あらすじ

    落語家の卵、志ん魚(しんとと・伊藤克信)は同じ門下の

    先輩後輩たち(でんでん、尾藤イサオetc)と和気あいあいと

    モラトリアムに暮らす23歳。

    落語仲間たちのカンパで、童貞を捨てに入ったソープで

    エリザベス(秋吉久美子)という大当たりを引き当てる。

    ガツガツしておらず、つかみどころのない軽やかさ、

    人間的な愛嬌をもつ志ん魚を、なんと嬢が気に入り

    自分から連絡先を教えてくれたのをきっかけに、

    二人は恋人でも友達でもないつかず離れずの関係になる。

    落語の才能はないものの、女子高の落研や団地のテレビ局と

    仲良くなってドタバタしているうちに、ある女子高生に

    一目ぼれしそっちとも付き合うことになる。

    仲間とのぬるいけれど楽しい日々、人生の旨味を教えてくれる

    ソープ嬢とのおいしい関係。通りすがりの人に殴られても文句は言えない

    幸せ野郎の志ん魚だったが、交際を認めてもらうため

    女子高生の父親に見せた落語に辛辣な評価をされたことで

    彼の中で何かが変わっていくのだった。

     

    森田芳光監督の実験的なカルト作品と言われていますが

    冗長な部分やヘタクソな部分もすべて計算通りの

    「ねらった」作品のように感じました。

    前半の寒いまでのドタバタカオスは、その後のセンチメンタルな

    展開を効果的にするため。

    大林宜彦『さびしんぼう』と同じ手法です。

    全員芽が出ず、貧乏な落語家仲間は寄席のあと終電を逃すと

    朝までどこかで時間をつぶすか、歩くしかないのです。

    それでもみんなでふざけながら、この時間を永遠のように

    感じている彼らにとっては大したことはありません。

    前半やたらとガヤガヤいっぱい出てくる女子高生、

    団地妻たちの描写もそう。

    意味のないおしゃべりに興じ、くすぐりあって笑うだけの

    高校生、テレビを眺めて献立を考えるだけで日が暮れる

    団地妻たちの時間もまたダラダラと続くように見えます。

    「日々の終電がなくなっても困らない」人たちなのです。

     

     

    一人だけ大人びて、醒めたように振舞うソープ秋吉もまた

    身体で稼いだ金で贅沢をしたり美味しいものを食べて

    気ままに暮らしているけれど、このような生き方がいつまでも

    できるわけではないことに本人は気がついています。

    ソープ秋吉が志ん魚に惹かれたのも「宙ぶらりん」という点で

    二人は似た者同士だったからです。

    ところが無邪気な志ん魚は女子高生と二股をはじめます。

    けしからんことに秋吉公認で。

    しかしそうおいしい思いばかりはさせません。

    女子高生を送りに堀切の実家までのこのこやってきたところで

    その父親に落語を見せてみろと言われます。

    いいですよ!と一席披露したところ「いや、君、全然つまらないんだけど?」と

    心からの正直な感想を聞かされてしまいます。

    このお父さんが映画の切り替わりの合図。

    ふわふわした自分の世界の登場人物たちに囲まれてきた志ん魚にとって

    女子高生のお父さんがはじめての「現実」「常識」「社会」でした。

     

    ショックを受けて(あまりそうは見えないのですが)、電車がないので

    夜の街を歩いて帰るシーンがはじまります。

    ぶつぶつと流れる景色を実況しながら。志ん魚がはじめて自分自身と

    これからの人生に向き合うシーンです。

    このシーンは何がすばらしいって東京の、バブル前の東京の、貴重な

    建物や景色が、セットではなく本物がフィルムにおさめられているところです!

    私もここ10年くらいは東京の谷中、日暮里、向島、浅草、上野、千住

    といった落語に出てくる界隈に馴染んでいるので観ていてとても

    興奮しました。

    ※私は常々落語に出てくる街こそが真のTOKIOだと思っています。

     

    このただ景色を眺めながら夜通し歩いた時間を通過儀礼に、相変わらず

    すっとぼけてはいるけれど志ん魚の中で何かが変わったのでした。

    あと志ん魚のことが好きだけど、すぐホテルに誘われてもきっぱり

    断り、つまらない落語を「つまらない」とはっきり言った女子高生も

    またなかなかのいい女です。

    そしてそのことをテレパシーで察知したかのように、自ら去っていく

    ソープ嬢秋吉。

    劇中では性欲過多でしょうもない先輩を演じていた尾藤イサオの

    美声が流れるエンディングまで全部森田監督の想定内。

     

    私は森田芳光監督作品では断トツで『ハル』が好きなのですが

    これが今となっては懐かしいやら恥ずかしいやらのインターネット

    黎明期を実にしつこく記録に残した映画と言えます。

    『の・ようなもの』にも言えることなのですが、こういうのって

    後から観ると笑っちゃうよねーっていうのではなくて、

    後から観た時のことを予想して撮っていたんじゃないのかなって

    思ってしまうんですよね。

     

    の・ようなものも青春映画でありながら一つの時代の記録映画として

    非常に貴重です。

    特に終盤出てくる吾妻橋のアサヒビール本社ビル。

    昔はレトロなビアホールだったんですねぇ。

    あのウンコが出現したのは1989年だそうで、東京の街はウンコ前

    ウンコ後ではまったく違う様相を見せるなぁと感動しました。

     

     

     

     

     

     

     


    ブルックリン

    0

      こんにちは、tamaxです。

       

      今日は『ブルックリン』について書きます。

      エイリアンとして生きる。

       

      アイルランドで高齢の母、しっかりものの姉とともに地味に

      暮らしていたエイリシュは、姉の計らいで一人アメリカに

      渡ることになった。

      アイルランドでは仕事もなく、彼氏もできずにくすぶっていた

      エイリシュ。壮絶な船酔いを経てブルックリンに着き、

      寮に下宿しながらデパートの売り子をして暮らしはじめる。

      垢ぬけないエイリシュはイケイケドンドンなアメリカ生活にも

      なかなか馴染めず、病んでいたところに神父の勧めで夜間大学で

      簿記を学び始める。

      目標ができて少し元気になったエイリシュは、さらにうれしいことに

      パーティーでイタリア人男にナンパされ人生初の彼氏ができる。

      中身も外見も磨かれてやっと人生を楽しめそうになってきた矢先、

      アイルランドに残してきた姉の訃報が舞い込む。

       

      1950年頃が舞台です。当時のアイルランド、またブルックリンという

      土地がどういうものであったかよく知りませんが、アイルランドは

      閉鎖的で土着意識が強く、エイリシュには息苦しい環境だったようです。

      そこも別にコンビニ一つないという田舎ではなくちゃんと機能していて

      若者たちはパーティーで知り合って恋愛したり、恋愛したり、恋愛したり

      しているのですが、アイルランドの「イケてる層」にエイリシュは

      全く相手にされません。

      エイリシュは元々賢くて、視野も広いのでこのアイルランドで終わらせるのは

      もったいないからと、独身で働きながら母親の介護をしている姉が

      アメリカに送り出してくれたのです。

      しかしブルックリンには行ったはいいけど、苦手な接客業で客に愛想を

      ふりまけず怖い先輩(実はいい人)に怒られ、寮のアバズレたち

      (実はいい子)とも合わず、お姉ちゃんの手紙を読んで泣く毎日。

      しかし、神父の勧めで夜間大学に通い出してから自信を持ち始めます。

      今まで苦手なことばかりさせられ、自分の狩場じゃないところに狩りに

      行かされていたので力を発揮できなかったわけです。

       

      ところが、おもしろいことに得意分野で自信を持つと、今まで不得意だと

      思っていた接客業や、出会いの場でも輝きはじめるエイリシュ。

      ついに人生初の彼氏を手に入れます。イタリア系移民のトニー。

      これがもうめちゃくちゃいい奴なんです。誠実で頑張り屋で、何より

      エイリシュにぞっこんほれ込んでくれるトニーを得たエイリシュはもう無敵。

      外見も洗練された都会の女性に変わっていきます。

      そんな矢先にアイルランドの姉が病死。姉の葬儀と残された母が心配で

      アイルランドに一か月里帰りすることになりました。

      不安がるトニーと籍だけ入れて。

       

      アイルランドに帰ってからが見どころです。

      なんとこのエイリシュ。あろうことか地元に戻ったら結婚したことを隠して

      別の男性といい感じになるのです。それは地元の親友が連れてきた社長子息。

      この親友の女の子はエイリシュとは対照的で、気立てがよくてかわいくて

      昔からモテモテ。地元でいい男と結婚して子供を4人くらい産みそうないわば

      土着女子です。

      彼女がよかれと思って連れてきた男性も知性があってなかなかの

      好青年です。

      昔だったら自分には見向きもしないようないい物件です。

      すっかり都会の空気をまとったエイリシュに、彼もまんざらでもない様子。

      地元でもちょっと責任のある仕事を任されちゃったりして居場所はあるし

      老いた母もいる。ここでこのままやっていくのも悪くないんでないか、

      エイリシュはバンバン送られてくるトニーからの手紙を開くことも

      できなくなってきます。

      どうすんだ、エイリシュよ。ええ?

       

      これですね、アイルランドを私の地元青森に、ブルックリンを東京に

      置き換えたらものすごくわかってきました。

      私も青森は好きですが、青春時代はエイリシュのように全然モテなかったし

      周りは狭い世界の中で楽しそうにやっているように見えました。

      こんなところには自分をわかってくれる人はいない、と思っていました。

      それで東京に出て、それなりに自分自身を見つけ今青森に帰ってみたら

      当時手が届かないと思っていたものが、身近に感じられるどころが

      ちっぽけなものに見えてくる気がします。

      エイリシュもそうだったのでしょう。

      なんだ、こんな簡単に手に入るんだったんだと。

      さらにエイリシュには亡くした姉という存在がいます。

      エイリシュがアイルランドで選び取る生活は、憧れ慕う姉が歩むべきだった道。

      それを受け継いでいかなきゃいけないのではないか。母の介護もあるし。

       

      もうあと一歩でアイルランドに転びそうになっていたところに、あるきっかけで

      エイリシュは目を覚まします。

      それも実に皮肉な田舎あるあるで。

      自分は田舎にもどっぷりつかることはできない、アメリカではアイルランドの

      DNAを隠すことはできない。夫はイタリア系移民。

      エイリアンとして生きていくことしかできないけれど、それが自分の生き方なんだと。

       

      トニーがあまりにいい奴なので、アイルランドでのエイリシュの行動は

      ビッチに見えるのですが、田舎から都会に出た女性だったら誰もが理解できる

      と思います。

      非常に共感できましたが、エイリシュ自体が自分に似すぎて同族嫌悪的に

      あまり好きになれなかったのがいまいちポイントでした。

       

       


      淵に立つ

      0

        こんにちは、tamaxです。

         

        今回は『淵に立つ』について書きます。

        白いパディントン

         

        あらすじ

        下町の工場を営む鈴岡家。利雄(古館寛治)と妻の章江(筒井真理子)、

        10才くらいになる娘の蛍は、慎ましく平和に暮らしていた。

        ある日、八坂(浅野忠信)という男がふらりと工場に現れ、

        そのまま鈴岡家に居ついてしまった。

        八坂は利雄の古い友人で、殺人歴のある前科者であったが

        刑務所暮らしで身についた礼儀正しさや、オルガンのうまさ、

        胸毛などに章江と蛍は好感を持ち始める。

        利雄との過去に何か怪しいものを感じさせながらも、住み込みで働くうちに

        鈴岡家に馴染んでいく八坂。

        とくに章江に対しては罪を告白したり、含蓄のありそうな話を

        したりしてジュンとさせる八坂。

        そして事件は起こる。

         


        浅野忠信演じる八坂はいつも同じ白い服を着ているのですが、

        利雄が仕事する工場にふらっと現れる場面は幽霊のようでした。

        八坂は本当に利雄にとっては「忘れたい過去」からやってきた幽霊のような

        存在です。

         

        鈴岡家はもともとそんなに仲がいい家族って感じでもなくて、章江は

        プロテスタントで信心深く、娘の蛍は自分の分身のように過保護に

        育てています。

        無口で愛想のない夫利雄はそれなりに家族を大事に思ってそうですが、章江と娘が

        二人でくっついてキャピキャピしているのに入り込めない感じ。

        この家庭には娘の存在感というものがあまり感じられません。

        娘は章江の体にできた人面瘡みたいなもので、元気で可愛い女の子なのですが

        家庭にいるときは存在がお人形じみています。

        そんな娘が「個」になるのは、章江がやらせているオルガンのレッスンを

        こっそりさぼっていたシーンです。

        その瞬間に八坂が入り込むのです。

        娘と章江は一心同体ですから、娘が手なずけられたら章江は落ちたも同然。

        八坂が夜、居候している部屋で遺族に手紙とか書いていると「私も一緒に…

        いいですか」とか言ってうっとり八坂を眺めていたりするようになります。

         

        白い服を着ていつも背筋を伸ばして「もう自分は枯れました」という

        雰囲気を漂わせている八坂ですが、その白い服の下には真っ赤なTシャツを

        着こんでおり、怒りと欲望の塊でした。

        しかも川べりで休憩中にDQNカップルのブルー姦を見たことでスイッチが

        入るのが恐ろしい。

        いろいろ思慮深いこと言っておいて、章江との間にも精神的な繋がりも

        芽生えたかのように思わせといて、そんな野性的な理由で「よし、やったろ」って

        なるってなんなんですか。

        章江が自分からも誘っておいていざとなったら拒否するのは信仰心のためだとか

        女のズルさという意見もあるようですが、私はもっとインテリジェンスに

        迫ればあっさり陥落したと思いますよ。

         

        章江に拒絶されたことで八坂の矛先は娘蛍に向かい、何があったかは明かされませんが

        蛍は高次脳機能障害を負ってその後8年の月日が経ちます。

        鈴岡家はなんとか存続はしていますが、章江はますます蛍に依存し極度の潔癖症に。

        利雄も八坂を探し続けていて、夫婦はいまだ八坂の亡霊に悩まされています。

        蛍はしゃべることも動くこともできませんが、18歳になっていました。

        この子だけは、罪のない子。

        少女の頃は元気でおしゃべりでしたが、母親の人面瘡に過ぎなかった娘が

        今は自分を表現することはできないけど「個」になっていることがわかるんですよ。

        でもそれを章江は認めていないのです。母親としてすごく優しく、献身的に

        介護しているんですが前を見ていないんですね。

         

        そしてこの家族のもとに、さらなる刺客、八坂の息子が現れるのです。

        正直後半はかなり強引に持って行こうとしている感じでしたし

        蛍以外の人物には好感がもてず観ていて苦しかったです。

        でもやっぱり蛍。

        夫婦の罪の代償とまで言われ、邪魔な存在となった蛍が、最後の最後

        たった一つの希望だったのです。

        これまで一度も必死にならなかった、夫であり蛍の父親の古館寛治さんが

        絶叫するシーンは印象に残りましたね。

        筒井真理子さんのシャーリーズ・セロンもびっくりの全身全霊をかけた

        演技はすごいし、浅野忠信の存在感もヤバイが、この物語は利雄の

        物語だったんじゃないかなと思いました。

        やっぱりお前ががんばんなきゃダメなんだよ、っていう。

         

        前回パディントンを取り上げましたが、こちらはぎくしゃくしていた

        家族にパディントンという異物が混入したことでうまく回りはじめる

        ハッピーエンドでしたが、『淵に立つ』は真逆です。

        というかまあ、普通のご家庭は出所したての浅野忠信は家に招き入れないに

        越したことないです。


        | 1/54PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        2930     
        << April 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM