ブリグズビーベア

0

    こんにちは、tamaxです。

     

    今日は以前takaiさんから聞いていた『ブリグズビーベア』について書きます。

    みんな優しすぎひん?

     

     

    両親と3人で仲良く暮らしている25歳の青年ジェームスは、『ブリグズビーベア』というクマの着ぐるみが

    出てくるEテレみたいな番組を一日中観ていた。

    引きこもりか?と思いきや、父親はガスマスクを付けて出勤していたりして外の世界はヤバそう。

    核戦争後の近未来?と思えば、ある日突然何者かが家の中に侵入してきてジェームスは

    両親から引き離されてしまった。

    そこで明らかになったのは、実は両親は本当の親ではなく小さい頃に彼を誘拐し、

    シェルターの密閉空間で外界から隔離して育てていたのだった。

    事情を理解し、本当の両親と妹と一緒に本来の生活に戻ったジェームス。

    だが、彼がブリグズビーベアにどっぷり浸かった25年はそう簡単に消えることはなく、

    彼の心はブリグズビーベアロスに陥ってしまっているのであった。

     

    ブリグズビーベアというのはジェームスが幼少期から一択で観ていた子供向けテレビショーで、

    クマの着ぐるみが女の子とか敵みたいな太陽とか出てきて闘ったりいろいろ教えてくれるんです。

    毎週VHSで送られてくるそれだけが彼の情報源で、とにかく他に観るものがないもんですから

    頭の中はブリグズビーベアだけなんですね。ところがそれは彼を小さい頃誘拐した頭のおかしな

    デザイナー父がガレージかなんかでこっそりセットを組んで作っていた番組だったことがわかります。

     

    本当の両親はすごくまともな親で裕福そう。純粋培養されたブリグズビーベアオタクとなって戻ってきた

    息子を温かく迎えるのですが、やはりなかなか心は開いてもらえません。

    きっかけを作ったのはちょっとヤンチャな妹でした。この妹がリア充だったおかげで、いきなりジェームスは

    リア充パーティーに鮮烈デビューすることになります。

    ジェームスはいわば純粋培養された無敵のオタクなので、そんなウェイウェイした場所に連れてこられた

    ところで物おじすることがないんですね。彼にとっての言語はブリグズビーベアしかありませんから、

    初めて会った妹の友人たちにもオタク話を喜々として話します。

    するとどうしたことか、リア充たちも興味を持って何それサイコーじゃんみたいなことに。

    これは子供の話を聴くのに近いなと思いました。子供の空想話や独自の理論に耳を傾けていると、

    たとえ支離滅裂で理解不能でも、こちらが想像力を働かせて理解しようとしますよね。

    リア充たちはジェームスの事情を知っているので、この世界のビギナーとして歩み寄ってくれているわけです。

    そんな中でも一番能力の高い妹の親友の男の子が特に関心を示してくれて、ジェームスの願望である

    「ブリグズビーベアの続編を作りたい」というアイデアに乗ってきてくれます。

    彼との関係が拓けてからは、妹をはじめ、若い頃舞台俳優を目指していた担当の警察官らも次々に協力してくれて、

    ブリグズビーベア復活が現実味を帯びてきます。

     

    現代特有のSNSや動画配信が功を奏して外の世界にもブリグズビーベアが拡散されていきました。

    途中、ジェームスの行き過ぎた行為から仲間割れを招いたりもしますが、なんとか自主製作映画が完成し、

    満員の劇場で公開されるところまで行きつきました。

    するとジェームスの中の何かがブリグズビーベアとともに成仏し、これからこの世界でやっていける気がしてくるのでした。

     

    モノづくりや○○愛、みたいなものに自信を与えてくれる作品だとは思いました。

    こんな風に自分の好きなものに自信をもって誰にでもまっすぐにアピールすることができれば

    自然と理解者も増えてきていいことづくめだろうなと。

    最近はマツコの知らない世界や沼にハマってみた、みたいな番組も増えて何かのオタクで

    あるということが称賛される世の中になってきたと思います。極めればなんでも価値になる時代です。

    ただその風潮含め、この映画もどこかモヤモヤする部分もあるんですよね。

    違和感を覚えたのはジェームスが本当のクリエイターなのか微妙なところだからです。

    この映画の中で本当にクリエイターだったのはただ一人、イカれた誘拐監禁犯であるジェームスの

    ニセの父だけです。

    ジェームスやそれに続いた人たちはあくまで二次創作。

    クリエイター、アーティストと、何かを過剰に好きな人は似て非なるものだと私は思います。

    だからこの映画がクリエイター礼賛かというとそれは違うのかなと。

    オタクと創作がやや紛らわしい描き方をされていること、逆に考えると本当のクリエイティブというのは

    けして褒められるものばかりじゃないという皮肉にも思え、複雑な心境になる映画でした。

     

     

     


    冷たい熱帯魚

    0

      こんにちは、tamaxです。

      先日、美容院で髪を切ってもらっている間、なぜか埼玉の

      愛犬家連続殺人事件の話になり、そういえばと思って

      観ました。

       

      ボデーを透明に。

       

      あらすじ

      小さな熱帯魚店を営む中年男社本(吹越満)は、20歳そこそこの娘と、

      再婚した若い妻(おっぱいの人)と三人で暮らしていたが、

      若妻と娘の折り合いが悪く、自分と若妻とも折り合いが悪く、

      息の詰まるような生活だった。

      ある日、男と遊び歩いているバカ娘が万引きをして捕まり、呼ばれたところで

      仲裁に入ってきた初老の男、村田(でんでん)と出会う。

      村田も近くで大きな熱帯魚店を経営しており、娘の万引きを助けてもらったことも

      あり急にお近づきになった社本家。

      陽気で人懐っこいおっちゃん、という印象の村田だったがその中身は恐ろしい悪魔だった。

      社本家は次第に村田とその妻との地獄のような世界に引きづりこまれていくのであった。

       

       

      冒頭からおっぱいの人こと、社本の後妻が冷凍食品をスーパーで乱雑に買い込み、

      汚い電子レンジにボンボン放り込んで温めただけの夕食を無表情で用意しています。

      夕食を作るときこの顔は私もよくやるのでちょっとドキっとしましたが、これでもうこの妻は

      家庭生活にうんざりしていることがうかがえます。

      でんでん演じる村田は自分の利益やちょっとした利便性のためにホイホイ人を殺す

      殺人鬼だったのですが、まだ万引きを助けてもらったくらいでは逃げられる余地が

      あったと思います。縁を切ればいいのですから。

      ところがまず不良娘がなぜか村田に懐き、フーターズみたいなエロ熱帯魚店のミニスカ

      店員として住み込みでバイトし始めてしまう。

      さらにはおっぱい後妻を急展開で寝取ってしまうのです。

      この展開の速さは非常に「ある」感じだなと思いました。

      おっぱい後妻を手籠めるシーンは、とても怖かったですね。

      最初は水槽の魚を見せて世間話なんかして次第に後妻の悩み、弱みに近づいていきます。

      そして一気にガっといくんですね。殴るんですよ、パン!と。

      この唐突な暴力。これが洗脳なんですね(誰なんだ)。

      一瞬考える力を奪い、少し我に返りそうになるとまたパンと殴られる。

      このテンポですよ。

       

      いわゆる凶悪犯罪に巻き込まれるとき、性的に手なずけられる、つまり一発ヤラれるか

      共犯をさせるかとはよく言いますね。

      村田はまず娘と後妻を性的に支配し(娘はヤられてはいませんが、フーターズ住み込み

      長屋にはレズのニオイがしました)、社本にはあれよあれよという間に死体を運ばせたりと

      共犯関係を成立させています。

      その手際の良さたるや。

      こうなるともう、出会ってしまった段階でこいつからは逃げられなかったかもしれないなと

      思い直しましたね。

       

      冷たい熱帯魚は最初にも書いたとおり、実際の事件が元になっています。

      でんでん演じる村田はほぼ忠実に実際の犯人を再現しているようで、

      「ボデーを透明にする」などというキャッチーなセリフも犯人自身が言っていた言葉だそうです。

      ただ、映画として園子温エンターテイメントにするため、なぜか村田の奥さんがやたらと

      エロい頭のおかしな女性として描かれています。

      実際の犯人と共犯の妻は、小太りで女性らしさもない、地味なおばさんでした。

      性格も几帳面でお嬢様育ちで真面目だったというのですが、鼻歌を歌ったり楽しそうに

      遺体処理をしていたことは事実だそうです。

      そういう女性がどうしてそっち側にいってしまったのか、またそういう女性にも

      エロくて頭がおかしい部分があったならその方が面白いんじゃないかと思いましたね。

      外見的にもニッチェのどっちか辺りに演じてもらいたかったですね。

       

      そういったこともあり、実際の事件から離れて創作部分になっていく後半はあんまり

      面白くないなーという印象でした。

      現実の方がよっぽど怖くて、どうしたらこういう恐ろしい世界と無縁に生きていけるのか

      切実に考えてしまいます。

      女性だったらひとまず、おっぱいを半分以上出して歩かないことからはじめましょう。

       

       

       


      犬ヶ島

      0

        こんにちは、tamaxです。

         

        今回はウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』について書きます。

         

        あらすじ

        舞台は近未来の日本。大都市メガ崎市では、犬嫌いの小林市長が犬インフルエンザの

        流行を理由にすべての犬をゴミ島に隔離する政策を強いていた。

        市長の養子アタリ少年は護衛犬スポッツを探すため単身ゴミ島に渡るのだった。

        そこでは犬たちが過酷な環境の中で殺伐とした社会を形成。

        中心となる5匹の犬グループは墜落してきたアタリ少年とともにスポッツを探す。

         

        ウェス・アンダーソン監督の映画はだいたいオシャレ先行型であまりグッとこないのですが

        今回は日本が舞台で犬が主役という興味ひかれるものでした。

        おフランスに行く飛行機の中で観ました。

        ストップモーションアニメによるチカチカした動きや、ウェスアン独特の

        間に加え、「ヘンテコジャパン」という要素がおもしろい仕上がりになっていました。

        メガ崎市は今よりも未来なので高層ビル群やメカの進歩は甚だしいんですが、市民は

        ブラウン管みたいなテレビを観ていたり、草履を履いていたりと、近未来と昭和初期が

        共存しているような世界なのです。

         

        このメガ崎市=東京の描き方には心を奪われましたね。はじめてウェスアンのDVDほしいと

        思いましたからね。

        実は兼ねてから、外国人(主に欧米の)が感じている「日本の魅力」と、日本人が

        自分の魅力だと思っているところがズレているんじゃないかと思っていたんです。

        日本人て不思議なものでね、綺麗に作りあがっている部分だけがみんなに見えているすべてだと

        信じてるところがあるんですよね。

        これは浄瑠璃とか神楽とか、舞台文化の名残なんですかね。

        動かしている人形の部分が「見られるべき部分」で、それを動かしている黒子の部分は

        見えないものとして暗黙の了解があるというか。

        だから観光地でも美しい古い町並みや寺社仏閣、都会なら高層タワマンやスカイツリー、

        近代建築のブティックが立ち並ぶ情景だけが魅力だと思いがちなんです。

        でもね、人間の眼球ってもっと広範囲に見えるものですから。

        木造の歴史ある建物や貴重な史跡のすぐ隣に、プレハブみたいなコンビニや消費者金融の

        看板だらけの雑居ビルがあるのが日本なんですよ。

        豊洲の未来的シーンの足元に、江戸時代の香り漂うパンチの効いた佃の風景があるのが

        東京なんですよ。

        舞妓さんとか浮世絵みたいな世界観と、顔からはみ出そうな瞳のアニメ絵やエロマンガが

        共存しているやばみがNIPPONなんですよ、今や。

         

        メガ崎市は日本のそういうパラドックスで頭おかしい感じを再現した街で、本当に

        素晴らしかった。東京の目指す姿はこれだよと思いましたね。

        私は犬ヶ島を観たあと、パリを観光したんですが、想像を超えた完成度の逃げ場のない

        美しさにびっくらこきましたね。

        言うても絵ハガキになるような景色みたいのは一部分で、あとは日本みたいに適当に

        近代化されてるんだろうなと思ってたんですよ。

        ところがどこを見ても絵ハガキ。どっちを見ても風格。鼻くそをほじってもオシャレ。

        パリと比べたら東京のチープさ、猥雑さにがっくりくるくらいです。

         

        けれど、美人は3日で飽きるとも言います。

        日本(東京の)街の良さは、視点の角度によっていっぱい逃げ道があるところです。

        今はまだ戦前か?みたいな懐かしい三丁目の夕日的風景もあれば、イケイケのアーバンシティもある。

        ちょっと足をのばせば小京都のような古い歴史的建造物にも出会える。

        そういう道を一本飛び越えたらまるで世界が変わってしまうようなおもしろワールドを

        売りにしていって、メガ崎市みたいな不思議な都市になれたら、世界に引けを取らない国になる

        んじゃないでしょうかね。

         

        あと言葉についても面白かったですね。

        この映画は日本人以外が観るのが正しい姿で、日本人が観てしまうとちょっと意図が

        違ってしまうところがあります。

        それは、日本人キャラが日本語をしゃべってもその全ては訳されていないのです。

        日本語を理解できない人種の人が観たら、登場人物が何言ってるのかわかんないんですよ。

        これも海外から見た日本を表現しているんですね。

        これだけ先進国(一応)でありながら、ほとんど全く英語が通じない国というのは

        逆に珍しいのが日本です。

        相当オリエンタルだと思いますよ。いろいろサービスや交通などは便利なのに、

        道行く人はほとんど言葉が通じない国。スパイシーでしょ。

         

         

        小池百合子はこの映画絶対観るべきですね。

         

         

         

         

         

         

         


        | 1/59PAGES | >>

        PR

        calendar

        S M T W T F S
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << June 2019 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM